JavaScript を利用したサーバー側実装

一部の実装では、追加の Analytics イベント(購入など)をサーバーから送信できるようにするために、訪問者 ID を JavaScript からサーバーに渡します。

ID サービス API には、サーバーに渡す ID の値を取得するメソッド getMarketingCloudVisitorID および getAnalyticsVisitorID が用意されています。

Experience Cloud 訪問者 ID と Analytics 訪問者 ID の両方を確認して、(存在する場合は)両方の ID を送信し、既存の Analytics 訪問者プロファイルに関連付けられているすべてのデータが送信されるようにします。

重要

Java 版 AppMeasurement は、現在 Experience Cloud Identity Service をサポートしていません。

データ挿入 API

<visitorID> 要素に Analytics 訪問者 ID を含めます(設定されている場合)。

<marketingCloudVisitorID> 要素に Experience Cloud 訪問者 ID を含めます。

サポートされる XML タグを参照してください。

Java 版 AppMeasurement

Java 版 AppMeasurement は、現在 Experience Cloud Identity Service をサポートしていません。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now