JavaScript を利用したサーバー側実装

一部の実装では、追加の Analytics イベント(購入など)をサーバーから送信できるようにするために、訪問者 ID を JavaScript からサーバーに渡します。

ID サービス API には、サーバーに渡す ID の値を取得するメソッド getMarketingCloudVisitorID および getAnalyticsVisitorID が用意されています。

Experience Cloud 訪問者 ID と Analytics 訪問者 ID の両方を確認して、(存在する場合は)両方の ID を送信し、既存の Analytics 訪問者プロファイルに関連付けられているすべてのデータが送信されるようにします。

重要

Java 版 AppMeasurement は、現在 Experience Cloud Identity Service をサポートしていません。

データ挿入 API

<visitorID> 要素に Analytics 訪問者 ID を含めます(設定されている場合)。

<marketingCloudVisitorID> 要素に Experience Cloud 訪問者 ID を含めます。

サポートされる XML タグを参照してください。

Java 版 AppMeasurement

Java 版 AppMeasurement は、現在 Experience Cloud Identity Service をサポートしていません。

このページ