オプトインサービス

オプトインサービスを使用すると、サイトを訪問したユーザーのデバイスまたはブラウザーに Cookie を設定できるかどうかを訪問者が決定するようにプロトコルを設定できます。

オプトインサービスは、Experience Cloud ID(ECID)の拡張で、Experience Cloud ソリューションでユーザーの同意を得る前に Web ページに訪問者に対する Cookie を作成可能にするかどうか、どの Experience Cloud ソリューションで作成可能にするかを制御できるように設計されています。また、オプトインサービスを使用すれば、より大規模な設計の一環として、同意管理プラットフォーム(CMP)や既存のシステムとの統合するプロトコルを設定できます。

オプトインサービスを使用すると、訪問者が複数のアドビソリューションのオプトインを一度に実行できるか、権限に合わせてソリューションを順番に表示できるかを指定できます。承認プロセスが完了し、顧客によって記録されると、すべてのアドビソリューションから CMP 訪問者の承認を取得できます。

オプトインサービスは、 Adobe Experience Platform Launchオプトイン拡張機能と共に使用すると、容易に実装および設定できます。 また、DTM を使用して実装および設定することもできます。

開始するには、オプトインサービスの設定を参照してください。

メモ

オプトインサービスを使用すると、アドビ Cookie のみのダウンロードを承認または拒否するようシステムを設定できます。ユーザーの同意設定の収集はサポートされておらず、設定のリポジトリにもなりません。

重要

このドキュメントの内容は法的な助言ではなく、その代用になるものでもありません。オプトインの実装を設定する際の同意とベストプラクティスに関するアドバイスについては、自社の法務部門に相談してください。

Experience Cloud ソリューション間のオプトイン

オプトインサービスは、自身のニーズに応じて同意オプトインワークフローを作成するためのツールです。これにより、ユーザーまたは同意の管理者から同意が得られる前と後に反応(タグを実行)するようワークフローを設計できます。

オプトインサービスを使用すると、アドビソリューションの同意管理業務を次のように設定できます。

  • 同意収集要件がユーザーに一般的に適用されるかどうかを示す。
  • Cookie を生成できるソリューションを指定する。
  • ユーザーに明示的に同意または拒否されないカテゴリのソリューションに対して、デフォルトの環境設定を適用する。
  • ユーザーの同意設定の変更に基づいてカスタム応答をトリガーし、ユーザーの設定を保持または更新できるようにします。

オプトインサービスを使用すると、ユーザーが選択する前に同意前の状態で一部の Cookie を読み込めるようサイトを設定できます。オプトインサービスは、ユーザーの同意後または選択が可能になった後に新規顧客が Cookie を読み込めるように設定できます。また、既存の同意管理プラットフォームにオプトイン同意を保存および取得したり、オプトイン権限を単に Cookie に保存したりすることもできます。

その後、アドビのソリューションは、タグが承認されているかどうかを確認し、変更をサブスクライブして、すべてのオプトイン顧客を取得できます。 オプトインサービスにより、ソリューションの JavaScript ライブラリまたは ECID(実装済みの場合)から直接権限を取得できます。

このページ