IAB フレームワークを使用したオプトインサービスの使用

重要

次のドキュメントは IAB 2.0 にのみ適用されます。IAB 2.0 と連携するには、Visitor.js バージョン 5.0 を使用する必要があります。

オプトインの IAB Transparency and Consent Framework(TCF)プラグインを使用して、同意管理プラットフォーム(CMP)に接続します。

IAB TCF を使用する Adobe Audience Manager のお客様は 、オプトインの IAB TCF プラグインを使用して、Consent Management Platform(CMP)に接続できます。オプトインは、(ECID)JavaScript ライブラリ内に組み込まれている機能です。CMP 内で設定された訪問者の設定に応じて、個々のアドビソリューションライブラリを無効化することができます。ECID ライブラリにオプトインの IAB TCF プラグインが実装されると、訪問者の設定は、IAB TCF 対応の CMP からオプトインへ自動的にマッピングされます。これらの環境設定により、Audience Manager ベースのライブラリ(DIL および ECID)と、同意を受信したときの関連する呼び出しが有効になります。

IAB をサポートする CMP の実装

オプトインを IAB TCF と統合するには、以下の手順を完了する必要があります。

  1. IAB をサポートし IAB ベンダーとして登録されている CMP を実装するか、IAB TCF の仕様を実装する社内 CMP を開発して IAB TCF に登録します。
  2. Adobe JS を読み込む前に、__tcfapi を定義するか読み込みます。

詳細については、Interactive Advertising Bureau のドキュメントを参照してください。

ECID Javascript ライブラリ内でのオプトイン IAB TCF プラグインの有効化

メモ

オプトインは ECID 4.0 以降でのみ利用できます。

Adobe Experience Platform Launch を使用して、サイトにオプトインの IAB TCF プラグインを実装します。IAB で手動でオプトインを有効にする場合は、訪問者オブジェクト内で次の設定が true に設定されていることを確認してください。

Visitor.getInstance("YOUR_ORG_ID", {  
  doesOptInApply: true,
  isIabContext: true
});

設定が正しく構成されると、CMP および IAB TCF の同意条件に応じて、ECID および DIL ライブラリが有効/無効になります。

重要

Audience Manager では、目的 1、10 に対する同意が必要です。また、Cookie をデプロイして ID 同期を開始または有効化するために、ベンダーの同意が必要です。オプトインの IAB TCF プラグインの詳細については、こちらにある Audience Manager のドキュメントを参照してください。

オプトインのび IAB TCF プラグインを検証する方法について詳しくは、こちらの検証ガイドの使用例 4 を参照してください。

関連ドキュメント

  • IAB Transparency and Consent Framework(TCF) - IAB 標準の詳細
  • アドビのオプトイン - プラットフォームソリューションでの同意管理に必要なコンポーネントであるオプトインの詳細
  • Audience Manager の IAB Transparency and Consent Framework(TCF)サポート
  • プライバシーの選択肢 - ユーザーが自由にプライバシーを選択できる権利として、他のグローバルなオプトアウトツールを使用してすべてのデータ収集からオプトアウトすることもできます。グローバルなオプトアウトは、オプトインおよび IAB TCF の検証よりも優先されます。

このページ