isClientSideMarketingCloudVisitorID

このIDサービス関数を呼び出して、IDサービスがクライアント側のExperience Cloud訪問者ID(MID)を生成したかどうかを判断します。 VisitorAPI.js バージョン 1.7.0 以降で利用できます。

構文

var *variableName* = visitor.isClientSideMarketingCloudVisitorID()

次の表のリストと、この関数が返す応答について説明します。

応答 説明

true

ID サービスは、Experience Cloud サーバーから MID を受け取れなかったか、受け取っていません。ブラウザー(クライアント側)で、ローカルに MID を作成しました。

false

ID サービスは、Experience Cloud サーバーから MID を受け取りました。

null

ID サービスは、Experience Cloud サーバーへの呼び出しをおこなっていません。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free