appendSupplementalDataIDTo

このヘルパーメソッドを使用すると、補助的なデータ ID(SDID)をクエリ文字列パラメーターとしてリダイレクト URL に追加できます。 これは、A4T の使用時に、SDID をあるページから別のページへと保持し、それらの個別の訪問を結合する必要がある場合に便利です。 この関数を使用するには、ソースドメインと宛先ドメインに同じ組織 ID を持つ ID サービスを実装しておく必要があります。

内容:

構文およびコードサンプル

構文: appendSupplementalDataIDTo( *URL*, *SDID*)

コードサンプル

var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here",{ 
   ... 
}); 
 
//Call helper method to append SDID to the Page B URL from Page A 
var pageB = "www.domain.com/pageB"; 
var pageBWithSdid = visitor.appendSupplementalDataIDTo(pageB, "67987653465787219");

サンプル出力

以下に示すように、URL リダイレクトでは、訪問者の SDID、組織 ID、UNIX タイムスタンプが受信ページへの呼び出しに含まれます。

  • www.domain.com/pageB?adobe_mc_sdid=SDID=123|MCORGID=123456789@AdobeOrg|TS=1498569322

sdidParamExpiry を使用した SDID タイムアウトの変更

sdidParamExpiry 設定を使用すると、appendSupplementalDataIDTo ヘルパー関数を使用して、あるページから別のページに SDID を渡す際に、デフォルトの ID の有効期限を変更できます。デフォルトでは、受信側ページの ID サービスコードで、参照元ページから送信された URL から SDID を取得するのに 30 秒かかります。 受信側ページの ID サービスコードが 30 秒以内に SDID を取得できない場合は、新しい SDID をリクエストします。 この機能は、あるページから別のページに SDID を渡す必要があり、このタイムアウト間隔を制御する必要がある A4T ユーザーを主に対象としています。

デフォルトの SDID タイムアウトを変更したい場合は、次の構文を使用して sdidParamExpiryVisitor.getInstance 関数に追加します。

構文: sdidParamExpiry: *時間(秒単位)*

コードサンプル

設定すると、ID サービスコードは次のサンプルのようになります。 このサンプルでは、SDID タイムアウトを 15 秒に設定しています。

var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here",{ 
   ... 
   //Change the default SDID timeout to 15 seconds 
   sdidParamExpiry: 15 
}); 
 
//Call helper method to append SDID to the Page B URL from Page A 
var pageB = "www.domain.com/pageB"; 
var pageBWithSdid = visitor.appendSupplementalDataIDTo(pageB, "67987653465787219"); 

このページ