resetBeforeVersion

この設定を使用すると、更新対象の ID サービスのバージョンに基づいて、孤立したり古くなったりした Experience Cloud ID(ECID)を消去できます。

resetBeforeVersion 変数の値として ID サービスのバージョンを指定すると、クライアント側 ID から古い ECID が消去されます。

セッションのタイムアウトなど、状況によっては、IDサービスがサーバー側IDを正常に取得しない場合に、クライアント側IDが生成されることがあります。 この場合、複数のドメイン間で追跡したり、他のソリューションと適切に同期したりする機能を持たずに、IDサービスによって単独のクライアント側IDが追跡されます。 この動作では、現在の AMCV Cookie のバージョンと resetBeforeVersion の値が比較されます。Cookie が存在しないか、Cookie のバージョンが最新リリースバージョンの resetBeforeVersion よりも小さい(古い)場合、AMCV Cookie は削除され、ID サービスは新しい ECID をリクエストします。

ブラウザーにサードパーティ Demedex Cookie がある訪問者の場合、ECID が、この Demedex Cookie の UUID を使用して適切に生成されたかどうかがチェックされます。そのチェックが真である場合、新しいECIDも同じになり、訪問者は新しいと見なされます。 何らかの理由で消去されるECIDがDemdex cookieを使用して生成されなかった場合、またはDemdex cookieがない場合、訪問者は新しいECIDを受け取り、新しいと見なされます。

構文: resetBeforeVersion = "3.3"

コードサンプル

//Call the ID service 
var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Marketing Cloud organization ID here", { 
  
    //Same as s.trackingServer 
    trackingServer: "Insert tracking server here ", 
  
    //Same as s.trackingServerSecure 
    trackingServerSecure: "Insert secure tracking server here", 
  
    //For CNAME support only. Exclude these variables if you're not using CNAME 
    marketingCloudServer: "Insert tracking server here", 
    marketingCloudServerSecure: "Insert secure tracking server here", 
  
    //Changing the version 
    resetBeforeVersion: "3.3" 
});

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now