overwriteCrossDomainMCIDAndAID

あるドメインから別のドメインに訪問者が移動すると、訪問者の Experience Cloud ID と Analytics ID がこのプロパティで上書きされます。 ID を上書きするには、各ドメインで ID サービスを所有し実装してあることが必要です。 このコードでは、制御の対象でないドメインで ID を上書きできません。

構文: Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true|false(デフォルトは false

コードサンプル

JavaScript コードは次の例のようになります。

//Call the ID service 
var visitor = Visitor.getInstance("INSERT-MARKETING-CLOUD-ID-HERE", { 
     ... 
 
     //Set overwrite property 
     overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true 
}); 

使用例

サイト訪問者を追跡するために、ID サービスは、Experience Cloud ID(MID)をブラウザー Cookie に書き込みます。別のドメインの ID サービスで設定された既存の MID を上書きした方がよい一般的なユースケースの一覧と説明を次の表に示します。

使用例 説明

異なるドメインランディングページの訪問者の識別

ドメイン A および B を所有しているとします。この場合、以下の場合に Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true を設定できます。

  • ドメインごとに独自のランディングページがある。
  • 訪問者には、ドメイン B への以前の訪問によって既に cookie(および MID)が設定されている。
  • 訪問者がドメイン A からドメイン B に移動した場合、訪問者を一貫して識別する必要がある。

ランディングページおよびコンバージョンページ間の訪問者の識別

ドメイン A および B を所有しているとします。この場合、以下の場合に Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true を設定できます。

  • ドメイン A はランディングページである。
  • ドメイン B は、別個のコンバージョンページ、ブッキングページ、他のワークフロー最終ページのいずれかである。
  • 訪問者には、ドメイン B への以前の訪問によって既に cookie(および MID)が設定されており、これらがサーバーサイド MID よりも望ましくないクライアントサイド MID であることがわかっている。
  • 訪問者がドメイン A からドメイン B に移動した場合、訪問者を一貫して識別する必要がある。

モバイルアプリから web ブラウザーに移動する訪問者の識別

このユースケースは少し異なります。 ユーザーがモバイルアプリから web サイトに移動するときに、ユーザーを識別する必要があります。この場合、訪問者には、既にモバイルアプリによってローカルに MID が設定されており、web サイトの cookie には別の MID が設定されています。 Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true を設定して、ブラウザーの Cookie に設定された MID をモバイルアプリで設定された MID で上書きできます。

このページ