loadTimeout

タイムアウト間隔をミリ秒単位で設定します。 他のソリューション(Analytics、Audience Manager、Target など)に ID サービスからの応答を待つ時間を伝えるために使用します。

構文: loadTimeout: *間隔(ミリ秒)*

デフォルト値は 30,000 ミリ秒(30 秒)です。 デフォルト値を変更​しない​ことを強くお勧めします。

メモ

ID サービスの呼び出しは、ページ上にある他の、アドビ以外のコードに関連して、非同期です。その結果、タイムアウト間隔を増減しても、ページがコンテンツをレンダリングする速度は変わりません。 ただし、タイムアウト間隔が長いと、一般的なネットワーク監視ツールで測定されるページ読み込み時間に影響する可能性がありますが、レンダリング時間は影響を受けません。

コードサンプル

var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here",{ 
   trackingServer: "Insert tracking server here here",  //Same as s.trackingServer 
   trackingServerSecure: "Insert secure tracking server here",  //Same as s.trackingServerSecure 
 
   //For CNAME support only. Exclude these variables if you're not using CNAME 
   marketingCloudServer: "Insert tracking server here", 
   marketingCloudServerSecure: "Insert secure tracking server here", 
 
   //Function variable. Example sets the timeout to 10,000 milliseconds (10 seconds). 
   loadTimeout:10000 
});

このページ