AEM Sites 成熟度評価チェックリスト

最終更新日: 2023-11-27
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Admin

AEM Sites インスタンスの現在の状態を評価すると、非常に困難に感じる場合があります。一般的に、インスタンスの監査から始めるのが最善ですが、この成熟度評価のチェックリストを使うことで、そのプロセスを導くことができます。

チェックリストをダウンロード

AEM 成熟度評価は、主にオンプレミスおよびマネージドサービスの実装を対象としています。各 AEM の実装は、ディスカバリーフェーズ、プレオンボーディングから AEM のデプロイメントに至るまで、お客様の成功の定義や目標によってそれぞれ異なります。成熟度評価は、運用開始後のヘルスチェックの役割を果たします。

成熟度評価により、AEM の標準とベストプラクティスの評価と遵守が可能になります。

デプロイ、管理、開発またはオーサリングのベストプラクティスについては、次を参照してください。

上記のベストプラクティス領域のそれぞれには、AEM のオーサリング、開発およびデプロイに関するさらなるベストプラクティスも含まれています。

ほとんどの場合、AEM の成熟度評価は、AEM のベストプラクティスの診断レビューを実行するのに役立ち、潜在的な問題を事前に検出、解決、防ぐためのロードマップを作成します。評価は、AEM 実装の検出フェーズ(AEM 移行前)の一部でもあったチームと共に完了することをお勧めします。関係する役割には、アプリケーション所有者、サイト所有者、開発チーム、テクニカルリード、セキュリティ/インフラストラクチャチーム、SEO チームおよびサポートチーム(コンテンツ作成者、管理者など)があります。

推奨されるAEM成熟度評価領域:設計とアーキテクチャ、製品管理と戦略、デジタル資産管理と配信、 Analytics、テストおよびセキュリティ。

Experience League の複数の記事の情報と彼自身のベストプラクティスをまとめていただいた、AEM チャンピオンの Greg Dimeris に心から感謝します。

このページ