より効率的なワークフローを実現するための 7 つの右クリックのヒントとコツ

最終更新日: 2023-11-27
  • 作成対象:
  • Beginner
    User

より効率的なワークフローを実現するために Analysis Workspace で使用できる 7 つの右クリックのヒントを説明します。以下のテキストで参照するか、ビデオを視聴してデモンストレーションで参照できます。

ワークフローの効率を上げるために Analysis Workspace で使用できる 7 つの右クリックのヒントを説明します。

ヒント #1:即座に注釈を追加する

Workspace で異常なスパイクや大幅な低下が見られ、その原因がわかっている場合は、右クリックして注釈を作成します。

この注釈内で、注釈を特定のプロジェクトのみに制限することも、全体的にすべてのプロジェクトで使用できるようにすることもできます。タイトル、説明、タグ付け、カラーの適用もできます。注釈は、選択内容に基づいて自動的に作成されますが、特定のセグメントやディメンション値のみなど、さらに絞り込むことができます。

この注釈は、提供したすべての情報と共に、ビジュアライゼーションとテーブルに表示されます。これにより、レポートを表示しているすべてのユーザーにコンテキストをすばやく提供できます。すべての注釈は、コンポーネント/注釈で一元的に管理できます

ヒント #2:ファネルおよびフローレポートのトレンドデータ

ファネル(フォールアウト)レポートは、複数のページやイベントを移動するユーザーを表示するのに優れています。ただし、時間の経過に伴う一連のイベントをトレンド分析することもできます。この操作は、ファネルの任意のレベルを右クリックして、折れ線グラフへのすべてのタッチポイントまたは特定のタッチポイントをトレンド分析することで簡単に実行できます。%、または訪問数や訪問者の生の数を使用できます。

特定のパスを右クリックして「トレンド」を選択してフローレポートでも行うことも、

ヒント#3:その場で、迅速かつ簡単にセグメントを作成する

また、フォールアウトレポートやフローレポートに基づいて、またはフリーフォームテーブルの特定の要素からセグメントを作成することもできます。

フォールアウト内で、任意のタッチポイントを右クリックし、「タッチポイントからセグメントを作成」を選択して、一連のイベントまたはページに基づいてセグメントをすばやく作成します。こうすることで、すべてのロジック(例えば、単一レベル内の複数ページなど)が即座に引き継がれます。セグメントに名前を付けるだけで、左側のパネルのセグメントの下に表示されます。フローレポートに対しても同じ操作を行うには、特定のパスを右クリックし、「このパスのセグメントを作成」を選択します

また、フリーフォームテーブルでも機能するので、クイックショートカットを作成したり、「or」ステートメントを使用してセグメントをすばやく作成したりできます。テーブル内で必要な行を選択し、右クリックして、「選択からセグメントを作成」を選択します

簡単に作成したこれらのセグメントは、テーブルにドロップしたり、レポートのフィルターとして使用したり、任意の方法で使用したりできます。

ヒント #4:レポート内に「アンカーリンク」を作成する

ユーザーをプロジェクト内の特定のビジュアライゼーションまたはテーブルに直接移動するには、その上部を右クリックして「ビジュアライゼーションリンクを取得」を選択します。これにより、ユーザーはそのビジュアライゼーションに直接移動し、ビジュアライゼーションを閉じている場合は開きます。目次やアンカーリンクなど、プロジェクトの上部でこのリンクを使用できる長いプロジェクトで特に役立ちます。メール内でこのリンクを使用すること(例えば、ユーザーを大規模なプロジェクト内のビジュアライゼーションに直接誘導するなど)もできます。

ヒント #5:ビジュアライゼーションでラベルを編集する

ラベル名の変更は非常に単純なヒントですが、チームがより簡単に理解できるようにふりがなを使用したり、わかりやすく言い換えたりすると効果的です。ラベル名を変更すると、コンテンツを簡素化し、ビジュアライゼーション内でラベルが占めるスペースを減らすことができます。

折れ線グラフ、棒グラフ、フォールアウトなど、多くのビジュアライゼーションで使用できます

ヒント #6:特定のテーブルのデータをダウンロードする

ユーザーは、データを csv に書き出す必要が出ることがよくあります。このヒントは、Workspace の 400 行の制限を回避するのに役立ちます。フリーフォームテーブルの上部で右クリックすると、2 つのダウンロードオプションが表示されます

「項目を CSV(セグメント)としてダウンロード」オプションを使用すると、最大 50,000 行のデータをダウンロードできます。これにより、過去の分類は引き継がれませんが、すべてのセグメントと適用されたフィルターが引き継がれます。これは、何千行ものデータがある場合に非常に役立ちます。

「データを CSV 形式でダウンロード」オプションでは、最大 400 行のデータしかダウンロードできませんが、分類が含まれます。

ヒント #7:エラーを非表示 - 選択した行のみをテーブルに表示する

フリーフォームテーブルで特定の行を非表示にすると効果的です。該当する行のみを選択し、右クリックして「選択した行のみを表示」を選択します。この操作により、選択内容に応じて合計と%が調整されます。

これを使用してデータを完全に変更することは避けてください。また、重要な行を非表示にしないように注意する必要があります。ただし、その場でデータをクリーンアップし、ユーザーの注意を全体像に戻すための簡単な方法としても使用できます。この方法を使用すると、重要度の低い、バラバラな詳細を簡単に削除できます。

これらのヒントを活用し、時間を節約し、より適切なレポートをより適切に配信するのに役立つように、 AdobeAnalysis Workspaceだ!

作成者

このドキュメントの作成者:

Christel Guidon

Christel Guidon,デジタル Analytics Gen Digital の Platform Manager

Adobe Analytics チャンピオン

このページ