テーブルの席を確保する

最終更新日: 2023-11-27
  • トピック:
  • Admin Tools
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Experienced
    Admin

「テーブルの席を確保する。」この人気のあるフレーズは、ここ数年、ビジネス界で話題になっています。しかし、その意味するところは何でしょうか。テーブルの席を確保するとは、ハイレベルな意思決定のコンバージョンにあなたが含まれていることを意味します。あなたは招待されるだけでなく、あなたの意見が評価され、喜ばれるということです。テーブルでの席を取ることが、会社やキャリアを助ける方法をお見せします Adobe Analytics パワーユーザー(正式な役割が管理者、データアナリスト、名刺などのユーザーの役割かどうかに関係なく)。

テーブルに着いている必要がある理由

最初に、整理しておきましょう。データプロフェッショナルの役割は進化してきました。もはやコンピューター画面の背後に座って、eVar、イベント、sProp だけに集中しているわけにはいきません。管理者であるあなたには、あなたの会社がデータに基づく正しい意思決定をしていることを確認する責任があります。しかし、そのためには、デスクで数字を処理するのではなく、意思決定が行われている場所にいる必要があります。

次に、その理由を 3 つ示します。

  1. ユニークな視点を提供する。 最良の決定は、多様な参加者がプロセスに含まれる場合に行われます。各人が新鮮な視点を持つ必要があります。デジタル分析データに関する特定分野のエキスパート(SME)として、独自の専門知識を持っている人物はあなたの他にいないはずです。リーダーは、あなたと同じように着実に価値を提供できる人物を探すのに苦労するでしょう。
  2. データの誤った解釈を防ぐことができる。 あなたの仕事は、複雑で繊細です。指標の定義やデータの免責事項によってその繊細さを伝えることは不可能です。テーブルに着いている誰かが、データについて深く理解している必要があります。そうでないと、ほぼ確実に誤った解釈がなされます。通常、その誤まった解釈による影響は軽微ですが、必ずしもそうとは限りません。データの誤った解釈に基づく間違った決定を避けるために、あなたはそのテーブルに着く必要があります。
  3. コミュニケーションを向上できる。 エグゼクティブが、あなたが回答できる質問をする場合、あなたに直接質問する方がはるかに効率的です。中間管理職を経由すると、多くの場合、質問のコンテキストや緊急性が損なわれます。また、このような断絶は、わかりやすい説明を求めることを困難にします。この問題は、あなたが既に会議に参加していれば解決します。直接のコミュニケーションは、分析のスピードと価値を向上させます。

テーブルの席を確保する方法

あなたが参加する必要がある理由を理解したら、招待を受けるための手順を開始します。ここでは、テーブルの席を確保をするために今日からできる 3 つのことを説明します。

手順 1:既にテーブルに着いている人物を探す - テーブルの席を確保するには、誰かがあなたを招待する必要があります。あなたの組織の意思決定者を思い浮かべて、以下の質問を念頭に置いて評価します。

  • この人物は他の人を招待する権限/影響力を持っていますか?招待リストに影響を与えることができない場合は、ターゲットではありません。
  • この人物に価値を提供できますか?そのテーブルに着いている一部の人たちは、あなたが本当に価値を提供するには、あなたの仕事とはあまりにもかけ離れた存在になる可能性があります。あなたの専門分野であるデータに本当に関心がある人物を探します。
  • この人物は良いパートナーになれますか?これは、おそらく最も見極めが難しいことですが、最も重要かもしれません。私が最も求めている属性は、偏見がないことと自信を持っていることです。裏付けとなる証拠が提示された際に、別の視点を真剣に考えることができますか?良い仕事に対する手柄を共有するのに必要な自信を持っていますか?(あなたがそのテーブルに着いていなかったら、この人物がすべての手柄を横取りしている可能性が高いことを忘れないでください。)これらは、良いパートナーを探す際に尋ねることができる質問の一部です。
  • おまけ - この人物は影響力のある仕事をしていますか?正直なところ、誰もが影響力のある仕事をしているわけではありません。組織で顕著な影響を与えていない人物であっても、非常に「成功」していることがあります。影響力のある人物を探します。自分の仕事が違いをもたらしていることを確認できれば、仕事はより充実したものになるはずです。

これらの質問は、リストを絞り込むのに役立つはずです。この時点で、次の 2 つの手順に進むために必要な人物を 1 人か 2 人に絞ることができるはずです。次の 2 つの手順の枠組みについて、最近の Analytics Power Hour のゲストである Cassie Kozyrkov を参考にしてみましょう。「役に立つことと優秀であること」が必要だと訴え、それを明確に説明しています。

手順 2:役に立つ - 次の手順は、手順 1 で特定した意思決定者に対して、どうすればできるだけ役に立つことができるかを考えることです。ここで重要なのは、相手の立場に立って考えてみることです。何に関心を持ち、何に心配しているか。彼らがよりよい仕事をするために、あなたが光を当てることができるのは、どんな未知の事柄でしょうか?

相手にとって何が重要かを理解していることと、問題解決を支援できることをこの人物に示します。

手順 3:優秀であること - ターゲットとなる関係者を特定し、どのように役に立つかを決めたら、次は優れた仕事を遂行します。優秀であるとはどのようなものかについて、誰もが独自の考えを持っています。あなたと私とでは、まったく異なるかもしれません。ここで重要なのは、他の人物や他の依頼に対して通常あなたが行う以上の働きをすることです。ここで、私が優れた仕事を生み出すのに役立ったヒントをいくつか紹介します。

  • ヒント 1:デザインに焦点を当てる。 あまりに頻繁に無視されるシンプルなヒントの 1 つは、デザインに焦点を当てることです。仕事のプレゼンテーションに気を配り、情報デザインのベストプラクティスに従います。これにより、メッセージを理解しやすくすることができます。明確なメッセージもなく複雑すぎる作品を提供すると、オーディエンスはバカにされているように感じられます。誰もバカにされるのは好きではありません。そして、自分をバカにするような人とは一緒に仕事をしたくはありません。
  • ヒント 2:不可能なことに取り組む。 不可能と思われる依頼を受けたことはありませんか?大抵の場合、データの仕組みを理解していない人たちから来ます。その際に、「自分で何を言っているのかわからないのだろう」と面白がったり、さらには、「そんなことをやれというなんて信じられない。そんなことは不可能だ」と怒ったりしがちです。私は、この 2 つの反応を数え切れないほど繰り返してきました。しかし、一歩下がって、偏見のない心で問題に取り組むと、ほとんどの場合、自分が思いつくことに驚かされます。十分に時間をかけて問題に取り組んでいると、通常、そこから何か良いものが生まれてきます。これは、不可能と思われることがある場合、既成概念にとらわれずにソリューションを考える必要があるためです。そして、既成概念にとらわれない発想が、優れた仕事につながります。

この記事が、テーブルに着く必要があることを実感するのに役立ったのであれば幸いです。時間をかけて、集中して取り組む必要があります。しかし、上記の手順に従って継続することで、組織において、より自律的で影響力のあるポジションにつくことができるはずです。これにより、最終的に自分の役割でより大きな成功を収め、より充実したキャリアを送ることができます。

このページ