標準化された命名規則の作成

最終更新日: 2023-11-27
  • 作成対象:
  • Beginner
    Admin

対象: で有効にした場合、変数名自体に標準化された命名規則が適用されます。 Adobe Analytics (AA) 管理 UI と、ディメンションに渡された値。 (つまり、ページ名は変数名として「ページ名(v1)」とし、渡されるページ名の値は「サイト名|ホームページ」や「サイト名|検索|検索結果」のように特定の構造と階層に従うように統一する必要があります)。

理由:​命名規則は、すべてを統一し、ユーザーが理解しやすいインターフェイスを維持するための優れた方法です。最初からこれらを作成し、プラットフォームとコードで強制すると、拡張が容易になります。

方法:「名前」と「説明」の両方で、インターフェイスとタグ付けドキュメントが一致する必要があります。これにより、ユーザーは Excel ドキュメントを取り込む必要がなくなり、インターフェイスで直接データを把握できるようになります。一貫性を保つため、常に小文字のみを使用することもお勧めします。

ページ名(アプリの場合は画面名)は、プラットフォーム全体で常に統一しておくとよいでしょう。たとえば「property:section:sub section:sub sub section:unique page name」を変数またはディメンションに設定することができます。これらがすべてデータレイヤーで別々のフィールドになっている場合は、JS ファイルまたは Launch で直接ページ名を作成することもできます。これらの要素をすべて独自のディメンションに設定すると、サイトやアプリの特定のプロパティや領域をより簡単に分類し、トラフィックやフローをより深く理解できます。

ユーザーがデータを見つけ、理解しやすくするもの(命名規則と同じくらい簡単なものを含む)は、の使用量が増加します。 Adobe Analytics ビジネスに関するより優れたインサイトを提供します。

作成者

このドキュメントの共同作成者:

Christel Guidon

Christel Guidon(デジタル) Analytics NortonLifeLock の Platform Manager
Adobe Analytics チャンピオン

Rachel Fenwick

レイチェル・フェンウィック、シニアコンサルタント ( ) Adobe

このページ