Subscriptionsデータ型を持つ汎用マーケティング環境 設定フィールド

購読付きの汎用マーケティン グ環境設定フィールドは、特定のマーケティング環境設定に対する顧客の選択を記述する標準のXDMデータ型です。

メモ

このデータ型は、同意と環境設定フィールドグループをベースラインとして使用し、組織の同意スキーマの構造をカスタマイズするために使用されます。

特定のマーケティング環境設定フィールドにsubscriptionsマップが必要ない場合は、代わりに基本的なマーケティングフィールドデータ型を使用できます。

プロパティ データタイプ 説明
reason 文字列 顧客がマーケティングの使用例をオプトアウトした場合、この文字列フィールドは、顧客がオプトアウトした理由を表します。
subscriptions マップ 特定のサブスクリプションに関する顧客マーケティングの環境設定のマップ。 詳しくは、subscriptionsの節を参照してください。
time DateTime マーケティング環境設定が変更された場合のISO 8601のタイムスタンプ(該当する場合)。
val 文字列 このマーケティングの使用例に対して、顧客が指定する環境設定の選択。 指定できる値と定義については、次のを参照してください。

val

次の表に、valで使用できる値の概要を示します。

タイトル 説明
y お客様が優先事項をオプトインしました。 つまり、do​は、問題の優先度で示されているように、データの使用に同意します。
n × 顧客が好みをオプトアウトした。 つまり、ユーザーは、対象の環境設定で示されているように、データの使用に​同意しません。
p 検証待ち システムは、最終的なプリファレンス値をまだ受け取っていません。 これは、2段階の検証が必要な同意の一部として最もよく使用されます。 例えば、顧客がEメールの受信をオプトインした場合、Eメール内のリンクを選択して正しいEメールアドレスが指定されていることを確認するまで、その同意はpに設定され、その時点でyに更新されます。

この環境設定で2つの検証プロセスが使用されない場合は、代わりに、お客様が同意プロンプトにまだ応答していないことを示すために選択を使用できま p す。例えば、顧客が同意プロンプトに応答する前に、Webサイトの最初のページで値をpに自動的に設定できます。 明示的な同意が必要でない管轄区域では、それを使用して、顧客が明示的にオプトアウトしていない(つまり、同意が想定される)ことを示すこともできます。
u Unknown 顧客の好み情報が不明。
LI 正当な利益 特定の目的でこのデータを収集して処理するための正当なビジネス上の利益は、個人に与える潜在的な害を上回ります。
CT 契約 特定の目的のデータを収集するには、個人との契約上の義務を果たす必要があります。
CP 法的義務の遵守 特定の目的のデータを収集するには、ビジネスの法的義務を果たす必要があります。
VI 個人の極めて重要な関心 特定の目的のためのデータの収集は、個人の重要な利益を保護するために必要です。
PI 公益 特定の目的のためのデータの収集は、公益上又は公的な権限の行使に関する作業を行うために必要です。

subscriptions

一部の企業では、顧客が特定のマーケティングチャネルに関連付けられた様々な購読をオプトインできます。 例えば、銀行会社では、顧客が電話アラートを過剰に振り分けたり、ロイヤリティープログラムのオファーに関する販売の電話を受けることを許可します。

次のJSONは、subscriptionsマップを含む電話呼び出しマーケティングチャネルのマーケティングフィールドの例を表しています。 subscriptionsオブジェクトの各キーは、マーケティングチャネルの個々の購読を表します。 次に、各サブスクリプションにはオプトイン値(val)が含まれます。

"phone-marketing-field": {
  "val": "y",
  "time": "2019-01-01T15:52:25+00:00",
  "subscriptions": {
    "loyalty-offers": {
      "val": "y",
      "type": "sales",
      "subscribers": {
        "123-555-0928": {
          "time": "2019-01-01T15:52:25+00:00",
          "source": "website"
        }
      }
    },
    "overdrawn-account": {
      "val": "y",
      "type": "issues",
      "subscribers": {
        "123-555-0928": {
          "time": "2021-01-01T08:32:53+07:00",
          "source": "website"
        },
        "301-555-1527": {
          "time": "2020-02-03T07:54:21+07:00",
          "source": "call center"
        }
      }
    }
  }
}
プロパティ 説明
type 購読タイプ。 15文字以下の場合は、任意の説明文字列を指定できます。
subscribers 特定の購読を購読した識別子(電子メールアドレスや電話番号など)のセットを表す、オプションのマップタイプフィールドです。 このオブジェクトの各キーは、対象となる識別子を表し、2つのサブプロパティを含みます。
  • time:該当する場合は、IDが購読した時点のISO 8601タイムスタンプ。
  • source:サブスクライバの元となったソース。15文字以下の場合は、任意の説明文字列を指定できます。

その他のリソース

データタイプについて詳しくは、パブリックXDMリポジトリを参照してください。

このページ