ライブラリからのリソースの削除

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

ビルド内でリソースの効果が必要がなくなった場合は、そのリソースを含むライブラリからそのリソースを削除し、新しいビルドを作成する必要があります。

重要

ライブラリ内のリソースは相互に依存しています。ビルドからリソースを削除すると、ビルド内の他のリソースの動作が変わる場合があります。

削除プロセスは、ライブラリの状態によって多少異なります。

開発ライブラリ

開発ライブラリのリソースは直接操作できます。

  1. ライブラリを開きます。
  2. リソースを削除します。
  3. ライブラリを保存します。
  4. ライブラリをビルドします。

送信済みライブラリと承認済みライブラリ

送信済みライブラリと承認済みライブラリにあるリソースを直接操作することはできません。ライブラリを開発状態に戻す必要があります。

  1. ライブラリを拒否します(ライブラリを開発に戻します)。
  2. 上記の「開発ライブラリ」の手順に従い、開発ライブラリからリソースを削除します。

実稼働用ライブラリ

実稼動用ライブラリからリソースを削除する手順は最も複雑です。この状態ではライブラリリソースを操作することはできません。また、これらのライブラリを開発状態に戻すこともできません。

代わりに、リソースを無効にする必要があります。この無効化は、他の変更と同様、開発ライブラリに加える変更です。この変更が実稼働環境に適用されると、リソースは実稼働用ライブラリから移動されます。

  1. リソースを無効にします。
    1. リスト表示からリソースを選択します。
    2. 無効化」を選択します。
  2. 新しい開発ライブラリを作成します。
  3. 無効になっているリソースの latest バージョンを追加します。
  4. 保存してビルドします。
  5. 通常のプロセスに従って、ライブラリを実稼働に移行します。
  6. 実稼動環境にパブリッシュしてリソースを削除します。

このページ