拡張機能

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

拡張機能は、タグやイベント転送で提供される機能を拡張する、パッケージ化されたコードセットです。

拡張機能を追加すると、新しいデータ要素と、ルール作成用の新しいオプションが追加されます。

拡張機能により、プロパティ、ルールおよびデータ要素の作成時に使用できる要素が決まります。次のようなものがあります。

  • イベント、条件、および例外
  • データ要素
  • クライアント側コード

拡張機能リストの上部にあるリンクを使用して、インストールされている拡張機能、拡張機能カタログ、またはアップデートを表示します。

拡張機能、「設定」の順に選択し、拡張機能の設定を表示して変更します。拡張オプションについて詳しくは、 新しい拡張機能の追加 の節を参照してください。

重要

変更は 公開 されるまでは反映されません。

デフォルトでは、アドビは一般的な統合をサポートする拡張機能を提供します。拡張機能は、カスタム設定で変更できます。設定は拡張機能を通じて提供されます。設定を作成するには、拡張機能カードを選択してから「新しい設定を追加」をクリックします。

拡張機能カタログ

拡張機能カタログを使用して、独立系ソフトウェアベンダーによって構築および管理されるマーケティングテクノロジーと広告テクノロジー、およびアドビソリューションの拡張機能を参照、設定、デプロイします。

拡張機能ページには 3 つのビューがあります。

  • Installed

    インストールされている拡張機能をすべて表示します。

  • Catalog

  • 使用可能なすべての拡張機能を表示します。

  • 更新

    インストールされている拡張機能の更新を表示します。

拡張機能」を選択すると、インストールされている拡張機能がすべて表示されます。また、カタログを使用して、利用可能なすべての拡張機能のリストと、更新された拡張機能を表示することもできます。

アドビが所有する拡張機能について詳しくは、 拡張機能のリファレンス を参照してください。

新しい拡張機能を追加する

タグは高い拡張性を備えています。拡張機能は、タグにコア機能を追加します。拡張機能の一般的な使用法は、他のアプリケーションとの統合を作成することです。

  1. プロパティの概要ページから、「拡張機能」タブを開きます。

  2. 拡張機能を選択します。

    Core 拡張機能

    • 拡張機能が存在する場合は、拡張機能カタログから選択します。
    • リスト内の拡張機能の上にマウスポインターを置いて、設定または無効化します。
    • 拡張機能がリストにない場合は、カタログから他の拡張機能を追加します。

    Core 拡張機能は、新しい拡張機能の出発点です。デフォルトの拡張機能では、以下を提供します。

    • デフォルトのイベント
    • デフォルトの条件と例外
    • デフォルトのクライアント側コード

    これらのデフォルトは、拡張機能を作成するためにビルドするカスタムルールの基本となります。

要素を作成または編集する際、アクティブなライブラリに保存および作成できます。これにより、変更は直ちにライブラリに保存され、ビルドが実行されます。ビルドのステータスが表示されます。また、Active Library ドロップダウンから新しいライブラリを作成することもできます。

拡張機能の設定

インストールされている拡張機能の上にマウスポインターを置いて、「設定」を選択します。

メモ

一部の拡張機能は設定が不要で、設定オプションもありません。

それぞれの設定可能な拡張機能には、固有のオプションがあります。各アドビ拡張機能で使用できるオプションについて詳しくは、拡張機能リファレンスを参照してください。

このページ