自己ホスト型ライブラリ

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Experience Platform のタグを使用すると、ビルドと呼ばれる一連のファイルを作成できます。このファイルセットは、実行時のアプリケーションの動作を制御します。

ビルドは任意の場所にホストする必要があり、クライアントデバイスが必要に応じて実行時に取得できるよう、どこかでホストする必要があります。

Platform がこれらのファイルのホストを管理することも、ユーザーが自分で管理することもできます。

アドビが管理

アドビは、Web のホスティング業務はおこなっていません。アドビによるホストの管理を選択している場合、ビルドはアドビが契約している、サードパーティコンテンツ配信ネットワーク(CDN)にビルドを配信します。

現在、プライマリ CDN プロバイダーは Akamai です。Akamai でホストされているファイルには、ドメイン(assets.adobedtm.com)があります。

マネージドホスティングを使用する理由

マネージドホスティングを使用する理由は、利便性です。必要なホストを作成する方が簡単なうえに、メンテナンスについても心配する必要はありません。

自己ホスト

ホストされているファイルの管理をアドビに任せたくない場合は、自社でホストする必要があります。ファイルをホストするには、Platform から完成したビルドを取得し、会社のリリースサイクルを通じて会社が管理するサーバーでファイルを取得する責任を負う必要があります。

自己ホストを使用する理由

独自のビルドファイルをホストする理由はいくつかあります。

  • 一部のブラウザーは、エンドユーザーが設定したプライバシー設定に基づいて assets.adobedtm.com ドメインをブロックします
  • 自己ホスト型を使用すると、必要な DNS ルックアップ数が削減されます
  • HTTP/2 を使用する必要がある
  • 特定のヘッダーをセキュリティ用に設定する必要がある
  • キャッシュの制御要件が、アドビのデフォルト設定とは異なる
  • エッジノードの位置をより細かく制御したい場合
  • 組織のセキュリティおよび法的要件によって、アドビ管理オプションを使用できない

自己ホストの方法

自己ホストできるよう、完了したビルドを取得するメソッドは 2 つあります。

  • ダウンロード
  • 直接配信

ダウンロード

ビルドは、パッケージ化された .zip ファイルとして配信できます(暗号化はオプション)。その後、パッケージを展開し、リリースサイクルにコンテンツを挿入して、それらを独自のサーバーに配置することができます。

アドビが管理するホストを使用し、環境で「Archive」オプションを選択します。環境から、ダウンロードリンクが提供されます。ビルドが作成されたら、環境のダウンロードリンクから取得するこことができます。

直接配信

ビルドは、作成した SFTP サーバーに直接配信することもできます。これらの情報をリリースサイクルに取り込み、ライブにプッシュすることをお勧めします。

直接配信を実行するには、SFTP ホストを作成して、そのホストを環境に割り当てる必要があります。その環境でライブラリを作成するときは常に、ファイルが SFTP サーバーに配信されます。

このページ