SFTP ホスト

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

ユーザーがホストしているライブラリをアドビに管理させたくない場合、その他のオプションとして、Adobe Experience Platform に、ユーザーがホストしている保護された SFTP サーバーにビルドを配信させることができます。

Platform は、暗号化されたキーを使用して SFTP サイトに接続します。これを正しく設定するには、いくつかの手順があります。

  1. SFTP サーバーに公開鍵と秘密鍵のペアがインストールされている必要があります。これらのキーは、サーバー上で生成したり、他の場所に生成してサーバーにインストールしたりできます。詳しくは、 SSH キーを生成する方法 に関する GitHub のドキュメントを参照してください。
  2. 秘密キーは、公開 GPG キーの暗号化に使用されます。SFTP ホストの作成プロセス中に、秘密キーを提供する必要があります。公開 GPG キーを暗号化する手順については、Reactor API ドキュメントの 値の暗号化 の節を参照してください。特定の GPG キーが必要であることがわかっている場合を除き、実稼動環境の GPG キーを使用します。最後に、任意のマシンから秘密鍵を暗号化することができます。サーバーに GPG をインストールしてこの手順を完了する必要はありません。
  3. Platform が SFTP サーバーに到達して接続できるように、会社のファイアウォールで IP アドレスを承認する必要がある場合があります。これらの IP アドレスは次のとおりです。
    • 184.72.239.68
    • 23.20.85.113
    • 54.226.193.184
メモ

タグビルドの構造は、時間の経過と共に変化しています。 内部的にシンボリックリンク(symlinks)を使用して以前の埋め込みコードの下位互換性を維持し、以前の埋め込みコードが最新のビルド構造で引き続き機能するようにします。タグビルドの有効な宛先として機能するには、SFTP サーバーがシンボリックリンクの使用をサポートしている必要があります。

詳しくは、 SFTP サーバーを設定してビルドを配信する方法 に関する次の Medium の記事を参照してください。

SFTP ホストの作成

  1. 「ホスト」タブを開きます。

  2. 新しいホストを作成します。

  3. ホストに名前を付けます。

  4. ホストタイプとして SFTP を選択します。

  5. ホスト、パス、ポート、ユーザー名および暗号化された秘密鍵を入力します。

    ポートは、次のいずれかである必要があります。

    • 21
    • 22
    • 80
    • 200 ~ 299
    • 443
    • 2000 ~ 2999
    • 4343
    • 8080
    • 8888
    メモ

    セキュリティ上のベストプラクティスとして、アドビでは、送信トラフィックに使用できるポートの数を制限しています。選択したポートは、通常、企業ファイアウォールを通じて許可され、さらに、柔軟性のために一部の範囲が含まれます。

  6. 保存」を選択します。

保存」を選択すると、SFTP サーバーにファイルを配信するための接続と機能がテストされます。Platform は、フォルダーを作成してそのフォルダー内にファイルを書き込み、ファイルが書き込まれていることを確認した後、クリーンアップをおこないます。SFTP サーバー上のユーザーアカウント(Platform に提供したセキュア証明書に接続されているもの)が、このアクションを実行するために必要な権限を持っていない場合、ホストは「失敗」ステータスになります。

このページ