タグの概要

メモ

Adobe Experience Platform Launchは、Adobe Experience Platformのデータ収集テクノロジーのスイートとしてリブランドされました。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Experience Platformのタグは、Adobeが提供する次世代のタグ管理機能です。 タグを使用すると、顧客体験の実現に必要なすべての分析、マーケティングおよび広告のタグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。

タグを使用すると、誰でも独自の統合(拡張)を作成および管理できます。 Adobe Experience Cloud のお客様は、アプリストアと同じようにこれらの機能を利用して、タグをすばやくインストール、設定およびデプロイすることができます。

タグは、Adobe Experience Cloudのお客様に付属の付加価値機能として提供されます。

主なメリット

  • 迅速な価値の創出.
  • データ要素を使用した、一元化された収集、整理および配信による、信頼できるデータ.
  • ルールビルダーを使用した、データとマーケティングテクノロジーの統合による、強力なエクスペリエンス.

主な特長

拡張機能

拡張機能は、タグ機能を拡張するコードのパッケージ(JavaScript、HTMLおよびCSS)です。 ほぼセルフサービスのインターフェイスを使用して、統合を作成、管理、更新できます。拡張機能は、タスクの遂行に使用するアプリと考えることができます。

拡張機能カタログ

独立系ソフトウェアベンダーによって作成および管理されたマーケティング/広告ツールを、参照、設定およびデプロイします。

ルールビルダー

条件と例外に if/then ロジックを使用して決定した順番で、複数のイベントを組み合わせた堅牢なルールを作成します。拡張機能は次のオプションを提供します。

  • イベント
  • 条件
  • 例外
  • アクション

ルールビルダーには、リアルタイムのエラーチェックと、カスタムコードの構文の強調表示が含まれています。

ルールで概要を説明した条件を満たすと、定義したアクションが順に実行されます。

データ要素

Web ベースのマーケティングおよび広告テクノロジーにわたってデータを収集、整理および配信します。

エンタープライズパブリッシング

公開プロセスを使用すると、チームはページにコードを公開できます。様々なユーザーが実装を作成し、承認して、ページにパブリッシュできます。

  • コードに対する変更は、定義したライブラリ内にカプセル化されます。
  • コードをデプロイする場所とタイミングを指定する
  • 異なるチームが並行して複数のライブラリを作成可能
  • 無制限の開発環境
  • ライブラリを結合するための計画的な権限ベースのプロセス。

API を開く

個々のテクノロジーまたはテクノロジーのグループの実装を自動化します。

  • タグはReactor APIとやり取りします。
  • デプロイメントは API で自動化できる
  • API を独自の社内システムと統合する
  • 必要に応じて、独自のユーザーインターフェイスを作成できます。

軽量なモジュール式コンテナタグ

カスタムコードを含む、コンテナのコンテンツが縮小されます。すべてがモジュラー式です。項目が不要な場合は、ライブラリに含まれません。その結果、高速でコンパクトな実装になります。詳細は、縮小を参照してください。

その他のハイライト

タグは、次のように、同様のシステムに対していくつかの強化点を提供します。

  • Chrome で許可されていないところでは document.write () を使用しない
  • 不要な HTTP 呼び出しを最小化するために、ページ上部およびページ下部のルールは、メインライブラリにバンドルされる
  • ルール内のカスタムアクションスクリプトは、並行して読み込むことができるが、順番に実行される
  • ページ上部およびページ下部のルールを回避する場合、コードはほとんど非同期となり、完全に非同期になるパスを含む

このページ