タグのトラブルシューティングガイド

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform のタグに関するよくある質問に対して回答を示します。

タグとは?

タグは、Adobe Experience Platform に組み込まれ、アドビが提供する次世代タグ管理機能です。タグを使用すると、クライアントは次のことができます。

  • 拡張機能​と呼ばれる統合機能を使用してクライアント側の Web 製品をデプロイする
  • 動的な配信設定により、ネイティブモバイルアプリケーションでクライアント実装を更新する
  • 他のベンダーやアドビのマーケティング製品と広告製品の間でデータを一貫してキャプチャ、定義、管理、共有する

タグは高度なコードおよび設定配信システムであり、条件を評価し、アクションを実行して、クライアント側のライブラリと製品を効率的かつ効果的にデプロイします。また、統合を管理および構築するための拡張性の高いアプローチを提供し、プログラムによるインタラクションのための一連の強固な API を備えています。

タグにはどのくらいのコストがかかりますか?

タグでは、追加料金はかかりません。Adobe Experience Cloud の顧客なら誰でも使用できます。

プラグインがあると聞きました。どのようなものですか?

タグは Adobe Experience Platform に組み込まれており、完全に拡張可能です。 顧客、アドビパートナー、代理店、マーケティングまたは広告テクノロジーベンダーは、新しい機能を追加したり、既存の機能を変更したりするタグ拡張機能を構築できます。このシステムにより、パートナーおよびクライアントは、自社の統合を構築、管理および更新できます。これは、アドビが Adobe Experience Platform を開放して、お客様およびパートナーが製品およびビジネスを構築できるようにするための方法の 1 つです。これにより、アドビのテクノロジーを他のベンダーのマーケティングおよび広告テクノロジーとより簡単に結び付けることができます。

サードパーティの拡張機能はすぐに利用可能になりますか?

拡張機能は、既に アドビソリューションや、多くの独立した分析、マーケティング、広告、同意のベンダーおよびテクノロジーで使用できます。アドビは、エコシステムを拡張するために、引き続きパートナーと協力していきます。拡張機能は、テクノロジーの所有者が構築、管理、更新できるので、お客様はアドビのエンジニアリングチームが構築するのを待つ必要はありません。

クライアントまたはパートナーは、いつ拡張機能を構築できますか?

タグは、拡張機能の開発者が Adobe Cloud Platform との独自の統合を構築するために使用できる、バーチャルなセルフサービスポータルを開設しました。

同じ拡張機能開発手法を使用して、自社内でのみ使用できる独自のプライベート拡張機能を構築する方を選択するお客様も多くいます。

タグは会社のセキュリティ基準を満たしているか?

タグは、SOC-2 およびグラム・リーチ・ブライリー法に対応しています。タグは、セルフホスト機能も提供します。JavaScript ライブラリおよびモバイル設定は、独自のサーバーまたは選択した CDN から提供できます。IT チームとセキュリティチームは、自動テストを実行して、独自のバージョン管理システムでファイルをチェックしたり、社内の実稼動移行プロセス、セキュリティ関連、その他のプロセスに完全に準拠したりできます。

いつタグに移行できますか?

今がタグに移行するのに最適なタイミングです。この移行プロセスでは、DTM プロパティを簡単にタグへとコピーできます。広範なテストをお勧めしますが、できる限り自動化されています(ページ上の埋め込みコードの変更はなく、ルールとデータ要素の自動移行もおこなっていません)。

タグは、シングルページアプリやお気に入りのフレームワークをサポートしていますか?

はい。タグには、ユーザーや拡張機能の開発者が、シングルページアプリケーションのエクスペリエンス、または Ajax の重いページやサイト内で柔軟にデータを収集、管理、配信できる機能が備わっています。これは、開発フレームワークの環境設定や、Angular、React.js、Ember、Meteor のいずれであるかには関係ありません。

タグは動的データレイヤーをサポートしていますか?

はい。タグには、動的データレイヤーの変更のリッスンに特化した拡張機能が含まれています。

タグはどのイベントタイプをサポートしていますか?

イベントタイプは、拡張機能で使用できます。サポートされるイベントタイプの数は、拡張機能によって異なります。例えば、YouTube 拡張機能には、再生、一時停止、終了、および再生時間の、4 つのビデオ イベントタ タイプが含まれています。タグは、拡張機能を通じて、特定の訪問者アクティビティシーケンスなど、他のブラウザイベントタイプまたは合成イベントタイプをサポートできます。

タグを使うと、Web サイトは速く(または遅く)なりますか?

タグは、現在のベストプラクティスを使用して、できるだけ効率的にマーケティングおよび広告テクノロジーを Web サイト上で配信および実行するように設計されています。タグを適切に使用すると、同様の機能を提供する代替方法よりも Web サイトのパフォーマンスが向上することが証明されています。

タグはどのブラウザーをサポートしていますか?

タグのブラウザーサポート:

  • Chrome(最新バージョン)
  • Safari(最新バージョン)
  • Firefox(最新バージョン)
  • Microsoft Edge(最新バージョン)
  • Internet Explorer(10 以降)
  • iOS Safari(最新バージョン)
  • Android Chrome(最新バージョン)

タグアプリケーションインターフェイスのブラウザーサポート:

  • Chrome(最新バージョン)
  • Safari(最新バージョン)
  • Firefox(最新バージョン)
  • Microsoft Edge(最新バージョン)

ほとんどの Adobe クライアントは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるため、シングルページアプリケーション、およびインタラクティブな Ajax を多用した Web サイトやページなど、現在のブラウザーの最新の Web プラットフォーム機能を活用しています。ほとんどの顧客が自社のサイトでより新しいアプローチを使用しようと移行する中で、こうしたアプローチを可能にするタグのようなソリューションを求めています。

タグはネイティブのモバイルアプリで機能しますか?

できます。タグは、ネイティブのモバイルアプリケーション環境でデータ収集と配信を実装する新しい Adobe Experience Platform Mobile SDK のモバイルプロパティと設定をサポートするようになりました。詳しくは、 ドキュメント を参照してください。

マイアカウントの読み込み中に UI でエラーが発生したのはなぜですか?

アカウントの読み込み中にエラーが発生したというメッセージが表示された場合は、アカウントがタグの製品プロファイルに属していないことを意味します。Adobe Admin Console で製品プロファイルを設定してデータ収集 UI へのアクセスを許可する方法については、 権限の管理 に関するガイドを参照してください。

UI でプロパティを追加できないのはなぜですか?

データ収集 UI にログインしたときに新しいプロパティを作成できない場合は、アカウントが「プロパティの管理」権限を持つ製品プロファイルに属していません。

Adobe Admin Console で製品プロファイルを設定して「プロパティの管理」権限を付与する方法については、 権限の管理 に関するガイドを参照してください。タグの様々な権限について詳しくは、 タグのユーザー権限 の概要を参照してください。

他に質問がある場合

他に質問がある場合は、アドビコミュニティの https://adobe.com/go/launchme にある主なタグのページでお問い合わせください。

タグは、よりオープンで、より統合され、常に顧客の成功のために尽力するという、プラットフォームが目指すものの一つです。

このページ