Adobe Target v2 拡張機能のリリースノート

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

v0.19.0(2022 年 9 月 20 日)

  • at.js v2.10.0 をサポートするように更新しました
  • クロスドメイントラッキングサポートを追加しました。

v0.18.0(2022 年 6 月 2 日)

  • at.js v2.9.0 をサポートするように更新しました
  • User Agent Client Hints のサポートを追加しました。

v0.17.1(2022 年 1 月 29 日)

  • at.js v2.8.1 をサポートするように更新しました
  • pageLoad が ODD ハイブリッド実行モードの target-global-mbox にマッピングされない問題を修正しました
  • mbox リクエストの分析の詳細に関する問題を修正しました
  • 開発の依存を更新して、セキュリティの脆弱性を修正しました。

v0.17.0(2022 年 1 月 8 日)

  • at.js v2.8.0 をサポートするように更新されました。これにより、機能の使用状況とパフォーマンスのテレメトリデータを収集するようになりました。個人データは収集されません。この機能をオプトアウトするには、targetGlobalSettingstelemetryEnabledfalse に設定します。

v0.16.0(2021 年 10 月 29 日)

  • at.js v2.7.0 がサポートされるように更新されました。これにより、Adobe Target からダウンロードできるようになりました。

v0.15.1(2021 年 7 月 21 日)

  • stringify 関数名のクラッシュが原因で、sessionIdrequestId などに対して誤った UUID 値が生成されていた問題を修正しました。

v0.15.0(2021 年 7 月 17 日)

  • at.js 設定の secureOnly が true に設定されている場合は必ず、cookie に secure 属性を追加します
  • triggerView() を使用する際にレスポンストークンを使用できるようになりました
  • CONTENT_RENDERING_NO_OFFERS イベントに関連するバグを修正しました。Target からコンテンツが返されない場合でも、常に正しくトリガーされるようになりました
  • プリフェッチリクエストを使用したときに、A4T のクリック指標の詳細が正しく返されるようになりました
  • UUID の生成で Math.random() の使用を終了し、window.crypto に基づくようになりました
  • sessionId cookie の有効期限は、すべてのネットワーク呼び出しで正しく延長されます
  • SPA ビューのキャッシュの初期化が正しく処理され、viewsEnable 設定に従うようになりました

v0.14.2(2021 年 6 月 3 日)

  • 最終的なバンドルに 2 つの at.js バージョン(オンデバイス判定があるものとないもの)が含まれるバグを修正しました。

v0.14.1(2021 年 5 月 20 日)

  • v0.14 リリースで導入された Target の読み込みアクションで、グローバル mbox 呼び出しが実行される問題を修正しました。

v0.14(2021 年 5 月 14 日)

  • オンデバイス判定を使用した新しいアクション「ターゲット読み込み」が追加されました。このアクションは、オンデバイス判定機能を備えた at.js 2.5 を読み込みます。
  • at.js を 2.5 に更新しました

v0.13.7(2021 年 3 月 26 日)

  • mbox リクエストに targetPageParams が含まれる問題を修正しました。 targetPageParamspageLoad リクエストにのみ含めてください。
  • グローバルオブジェクトの依存関係を直接参照で置き換えることで、タグ拡張機能のドキュメントおよびウィンドウのグローバルオブジェクトに関する問題を修正しました。
  • at.js を 2.4.1 に更新しました。

v0.13.6(2021 年 1 月 26 日)

  • 統合プロファイル / プラットフォーム ID が API customerIds を配信する際のサポートを追加しました。
  • 無効なスタイルタグが挿入される問題を修正しました。
  • at.s から 2.4.0 への更新。
  • 未定義のパラメーターが不正な配信リクエストを引き起こす可能性がある問題を解決しました。

v0.13.4(2020 年 11 月 26 日)

  • mbox パラメーターが UI に表示されないバグを修正しました。
  • ブランディングのアップデート。
  • at.js バージョンを 2.3.3 に更新しました。

v0.13.3(2020 年 7 月 25 日)

  • 非アクティブなアクティビティに対して QA モードのリンクが機能しない問題を修正しました。
  • スクリプトまたはコードで default プロパティが window または document に追加されると拡張機能が機能しない問題を修正しました。

v0.13.2(2020 年 6 月 16 日)

  • CNAME とエッジの上書きを使用している際に、at.js 1.x で誤ってサーバードメインが作成され、Target リクエストが失敗することがあった問題を修正しました。
  • Target および Adobe Analytics タグ拡張機能用の v2 タグ拡張機能を使用する際に、Target によって Analytics の sendBeacon 呼び出しで遅延が発生する問題を修正しました。
  • deviceIdLifetime 設定を向上し、targetGlobalSettings 経由で上書きできるようにしました。

v0.13.0(2020 年 3 月 26 日)

  • at.js を v2.3 に更新しました。
  • adobe.target.getOffer API に Target Global Mbox サポートを追加しました。
  • パラメーターとページ読み込みパラメーターが正しく処理されない問題を修正しました。

v0.12.0(2019 年 10 月 10 日(PT))

  • at.js を v2.2 に更新しました。
  • Experience Cloud ID ライブラリ(ECID)v4.4 と at.js 2.2 間の統合のパフォーマンスを向上しました。
  • 以前 ECID ライブラリは、at.js がエクスペリエンスを取得する前に、2 回のブロック呼び出しを行っていました。これを 1 回の呼び出しに短縮し、パフォーマンスが大幅に向上しました。
メモ

このパフォーマンス強化を利用するには、ECID タグ拡張機能を v4.4.1 にアップグレードしてください。

v0.11.1(2019 年 7 月 31 日)

  • 使用する拡張機能のバージョンを at.js 2.1.1 に更新しました
  • パラメーターの処理に関する修正を追加しました。

v0.11.0(2019 年 6 月 4 日)

  • at.js 2.1 をサポートする新しいタグ拡張機能

このページ