Adobe Experience Cloud ID サービス拡張機能の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

このリファレンスでは、Experience Cloud ID 拡張機能の設定と、この拡張機能を使用してルールを作成するときに使用できるオプションについて説明します。

Experience Cloud ID サービスとプロパティを統合するには、この拡張機能を使用します。Experience Cloud ID サービスを使用すると、サイト訪問者の一意の永続的な識別子を作成して保存できます。

Experience Cloud ID 拡張機能の設定

この節では、Experience Cloud ID 拡張機能を設定する際に使用できるオプションについて説明します。

Experience Cloud ID 拡張機能がまだインストールされていない場合は、プロパティを開き、エクステンション/カタログ​の順にクリックして、Experience Cloud ID 拡張機能にカーソルを置き、「インストール」をクリックします。

拡張機能を設定するには、「拡張」タブを開き、拡張機能にカーソルを置いて「設定」を選択します。

次の設定オプションを使用できます。

Experience Cloud Organization ID

Experience Cloud 組織の ID。

この ID は 24 文字の英数字から成る文字列で、その後に @AdobeOrg が続きます。この ID がわからない場合は、カスタマーケアにお問合せください。

Exclude specific paths

URL が指定されたパスと一致する場合、Experience Cloud ID は読み込まれません。

(オプション)正規表現の場合は、正規表現を有効にします。

別のパスを除外するには、「追加」をクリックします。

Opt In

「Opt In」オプションを使用して、訪問者がサイトでアドビのサービスをオプトインする必要があるかどうか(訪問者のアクティビティを追跡する cookie を作成するかどうかなど)を決定します。

オプトインは、すべての Platform ソリューションのクライアント側ライブラリで一元的に参照され、サイトの訪問時にユーザーのデバイスまたはブラウザーで cookie を作成できるかどうかを判断します。オプトインでは、ユーザーの同意の環境設定を収集または保存することはできません。

オプトインを有効にしますか?

選択したオプションによって、Web サイトが、訪問者のアクティビティを追跡することの同意を待機するかどうかが決まります。

次の 3 つのオプションがあります。

  • No:​訪問者が追跡に同意するまで待ちません。オプションを選択しない場合のデフォルトの動作です。
  • Yes:​訪問者が追跡に同意するのを待ちます。
  • Determined at runtime using function:​実行時に値が true か false かをプログラムによって判定します。このオプションを選択すると、「Select Data Element」フィールドが使用できるようになります。同意されるのを待つかどうかを決定するデータ要素を選択します。このデータ要素はブール値に解決されます。例えば、訪問者の国が EU であるかどうかに基づいて、同意を提供するデータ要素を選択できます。

オプトインストレージは有効になっていますか?

有効にすると、同意は、ドメイン上のファーストパーティ cookie に保存されます。有効になっていない場合、同意設定は管理対象の CMP または管理対象のcookie に保存されます。

Opt In Cookie Domain?

このオプション設定を使用して、ストレージが有効になっている場合にオプトイン cookie の保存先となるドメインを指定します。ドメインを入力するか、ドメインを含むデータ要素を選択することができます。

Opt In Storage Expiry?

ストレージが有効になっている場合にオプトイン cookie の有効期限を秒単位で指定します。

数値を入力し、ドロップダウンリストから時間単位を選択します。例えば、「2」と入力して「週間」を選択します。デフォルトは 13 か月です。

Permissions?

以前の同意をオプトインライブラリに渡します。同意を含むデータ要素を選択します。要素のタイプは、オブジェクトまたは JSON 文字列にする必要があります。事前のオプトイン承認を上書きします。

例:

"{"aa":true,"aam":true,"ecid":true}"

Pre Opt In Approvals?

訪問者が環境設定を行っていない場合に、承認または拒否されるカテゴリーを定義します。同意は、ページが読み込まれた時点から選択したソリューションに対して想定されます。要素のタイプは、オブジェクトまたは JSON 文字列にする必要があります(例:{aam: true})。

変数

名前と値のペアを Experience Cloud ID インスタンスのプロパティとして設定します。ドロップダウンを使用して変数を選択し、値を入力または選択します。各変数について詳しくは、 Experience Cloud ID サービスのドキュメント を参照してください。

Experience Cloud ID 拡張機能のアクションタイプ

ここでは、Experience Cloud ID 拡張機能で使用できるアクションタイプについて説明します。

アクションタイプ

顧客 ID の設定

1 つまたは複数の顧客 ID を設定します。

  1. 統合コードを入力します。

    統合コードには、Audience Manager または顧客属性でデータソースとしてセットアップした値を含めてください。

  2. 値を選択します。

    値はユーザー ID にする必要があります。データ要素は、動的な値の格納に最適です。例えば、クライアント独自の内部システムから取得した ID などを格納できます。

  3. 認証状態を選択します。

    次の選択肢があります。

    • Unknown
    • Authenticated
    • Logged out
  4. (オプション)「追加」を選択して、さらに顧客 ID を設定します。

  5. 変更を保持」を選択します。

このページ