Adobe ContextHub 拡張機能の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

このリファレンスは、Adobe ContextHub 拡張機能の設定に関する情報、およびこの拡張機能を使用してルールを作成するときに使用できるオプションに関する情報です。

Adobe ContextHub 拡張機能の設定

この節では、Adobe ContextHub 拡張機能を設定する際に使用できるオプションについて説明します。

Adobe ContextHub 拡張機能がまだインストールされていない場合は、プロパティを開いて、エクステンション/カタログ​を選択し、Adobe ContextHub 拡張機能にカーソルを置いて「インストール」を選択します。

拡張機能を設定するには、「エクステンション」タブを開き、拡張機能にカーソルを置いて「設定」を選択します。

ContextHub のタイプを選択します。次の設定オプションを使用できます。

デフォルトの ContextHub データレイヤー

このオプションは、タグでこの統合にデフォルトの ContextHub スキーマを参照する場合に使用します。ContextHub スキーマに修正を加えている場合や、別のデータレイヤーを使用する場合は、カスタムオプションを使用してください。

カスタムの ContextHub データレイヤー

データレイヤースキーマを編集した場合、または編集する予定がある場合は、このオプションを使用します。

このページ