Adobe クライアントデータレイヤー拡張機能のリリースノート

バージョン 2.0.2

  • ACDL コアライブラリ(バージョン 2.0.2)の読み込み
  • ACDL コアライブラリのバージョン 2.0.0 で、event.beforeState と event.afterState を活用する機能が削除されました。 そのため、常に空のオブジェクトを返すようにこれらのオブジェクトを変更しました。 この機能に依存する実装は、このバージョンに移行する際に更新する必要があります。

バージョン 1.1.3

  • ACDL コアライブラリ(バージョン 1.1.3)の読み込み

バージョン 1.1.2

初期リリースの拡張機能で提供される機能は、次のとおりです。

  • ACDL コアライブラリ(バージョン 1.1.1)の読み込み
  • Adobe データレイヤーの名前変更
  • イベント:
    • すべてのイベントをリッスン
    • プッシュされたすべてのデータをリッスン
    • プッシュされた特定のイベントをリッスン
    • すべてのイベントを異なるスコープでリッスン
  • データ要素:
    • 計算済み状態:グローバルまたは特定の状態
    • データレイヤーサイズ
  • アクション:
    • データレイヤーのサイズをリセット(最新の計算済み状態を維持)
    • データレイヤーにオブジェクトをプッシュ

このページ