拡張機能の開発

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

タグ拡張機能は、独自の要件を持つ(小規模の)製品として考える必要があります。 Adobe Experience Platform のユーザーが拡張機能をどのように使用するかを把握すると、拡張機能で提供する必要があるイベント、条件、アクション、データ要素の各タイプに基づいて機能を分類しやすくなります。

この知識により、拡張機能で提供するコンポーネントを計画できます。

ガイド

計画を立てることで、以下のガイドが拡張機能の開発プロセスを理解するのに役立ちます。

  • 左側のナビゲーションの​拡張機能の開発​の下にあるはじめる前にとその他のドキュメントは、拡張機能を理解するための参考資料です。 これには、拡張機能の機能、ユーザー情報の保存および拡張機能と Adobe Experience Platform との間での受け渡し方法、コードのライブラリへのバンドル方法、拡張機能コードが実行時にブラウザーで解釈および使用される方法に関する詳細が含まれます。
  • 拡張機能チュートリアルビデオから始めるとよいでしょう。
  • YouTube プレイリストの「拡張機能の概要」では、拡張機能パッケージの作成プロセスを順を追って説明しています。
  • 記事「JSON スキーマの理解」を参照してください。
  • JSON Lint/Validator」を参照してください。。
  • JSON Viewer Chrome 拡張機能を使用して、JSON および JSONP をハイライト表示および印刷してください。
  • jsonschema.net エディターは、オブジェクトから JSON スキーマを作成するのに役立ちます。。
  • JSON スキーマバリデータ は、オンラインのインタラクティブな JSON スキーマ検証ツールです。

ツール

拡張機能パッケージの開発に役立つ npm ツールも多数用意されています。

拡張機能の例

GitHub には、スタータープロジェクトとしてレビューまたは使用できる拡張機能の例があります。

Slack ワークスペース

Slack コミュニティワークスペースへのアクセスをリクエストできます。このワークスペースでは、拡張機能の作成者は、このリクエストフォームを使用して相互にサポートできます。

注意:この Slack ワークスペースにはアドビシステムズのメンバーも参加していますが、このコミュニティリソースはアドビのサポートや管理の対象ではありません。

このページ