ユーザーアクセスの許可

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

拡張機能パッケージを使用する前に、チームメンバーのユーザーアカウントおよび権限を設定する必要があります。それには、Adobe Admin Console を使用します。

このドキュメントでは、Admin Console を介して Adobe Experience Platform のタグへのアクセスを許可する手順を示します。

前提条件

このガイドは、ユーザーが Admin Console で指定された組織管理者であることを前提としています。Admin Console とロールの割り当てに関する追加情報が必要な場合は、次のリソースを参照してください。

組織の選択

Adobe Experience Cloud の組織管理者は、Admin Console にサインインする必要があります。最初に表示される画面は概要です。

Admin Console の「概要」タブ

一部のユーザーは、複数の組織にアクセスすることができます。正しい組織にタグ機能を追加するには、画面の右上隅に表示される組織の名前を選択します。 次に、ドロップダウンリストからタグを使用する組織を選択します。

Admin Console 組織選択ドロップダウン

製品プロファイルの作成

製品プロファイルはグループです。個々の権限が製品プロファイルに割り当てられ、プロファイル内のすべてのユーザーがそれらの権限を継承します。

上部の「製品」リンクを選択し、左側の「Experience Cloud」を選択します。データ収集 UI がリストに表示されない場合、お客様はアカウントチームに、パートナーはメール( ExchangeTechEC@adobe.com)にお問い合わせください。

Admin Console の「製品」タブ

上のスクリーンショットはサンプルのプロファイルを示していますが、まだプロファイルがない可能性があります。 作成するには、「新規プロファイル」を選択します。 新しいプロファイルを作成​画面で、「プロファイル名」(「データ収集テスト」など)と「説明」(オプション)を追加し、「保存」を選択します。

「新規プロファイルを作成」の表示

これで、製品プロファイルが組織に追加されました。 次に、製品プロファイルにユーザーを追加します。

製品プロファイルへのユーザーの割り当て

製品プロファイルでは、「資格のあるユーザー」と「管理者」に 0 が表示されていることに注意してください。作成した製品プロファイルの名前を選択します(この例では「データ収集テスト」)。

製品プロファイルの表示

ユーザー」タブを選択します。ここでは、既存の Adobe ID ユーザーを電子メールで検索したり、新しいユーザーをこの製品プロファイルに追加したりできます。「ユーザーリンクを追加」を選択します。

「製品プロファイルユーザー」タブ

該当するテキストフィールドに、名前、ユーザーグループまたはメールアドレスを入力します。 可能な場合は、姓と名を含めることをお勧めします。 「保存」を選択して、ユーザーを追加します。

「ユーザーをプロファイル追加」表示

この製品プロファイルで必要なすべてのユーザーが揃ったら、ユーザーに権限を追加します。「権限」タブを選択します。権限設定画面に、プロパティ会社権限、および​プロパティ権限​が表示されます。「編集」を選択します。

「製品プロファイルの権限」タブ

チームが拡張機能を作成するには、少なくとも次の権限が必要です。

  • 会社グループの「プロパティの管理」。
  • プロパティグループの「拡張機能の管理」、「環境の管理」および「開発」。

必要に応じて、権限が制限された製品プロファイルを後で作成できますが、ここでは、「会社権限」と「プロパティ権限」の両方で「+ すべてを追加」を選択します。必ず「保存」を選択してください。

プロパティ権限の管理

会社権限の管理

これまで、適切な組織を選択して製品プロファイルを作成し、製品プロファイルにユーザーを追加して権限を割り当てました。

これで、Admin Console の必要な設定が完了します。ユーザーとして設定されたユーザーとチームメンバーは、データ収集 UI にログインできるようになりました。

プロビジョニングの確認

会社にタグへのアクセスがプロビジョニングされ、ユーザーが前述のように設定されたら、データ収集 UI の実稼動環境にアクセスできるようになります。タグのプロビジョニングが完了し、上記の Admin Console 手順を完了してもデータ収集 UI にログインできない場合は、アドビのサポート担当者にお問い合わせください。

このページ