Edge 拡張機能のフロー

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

エッジ拡張機能の各条件、アクション、およびデータ要素のタイプには、ユーザーが設定を変更できるビューと、これらのユーザー定義の設定に基づいて動作するライブラリモジュールの両方が用意されています。

次の概要図に示すように、拡張機能のアクションタイプビューは、Adobe Experience Platform と統合されたアプリケーションの iframe 内に表示されます。次に、ビューを使用して設定を変更し、それを Platform 内に保存します。タグランタイムライブラリを構築する場合、エッジノードにデプロイされるランタイムライブラリには、拡張機能のアクションタイプライブラリモジュールとユーザー定義の設定の両方が含まれます。Platform のユーザー定義設定は、実行時にライブラリモジュールに挿入されます。

拡張機能のフロー図

次の図に、ルール処理フロー内のイベント、条件、およびアクション間のリンクを示します。

ルール処理のフロー図

ルール処理フローには、次のフェーズが含まれます。

  1. settings および trigger メソッドは、起動時にイベントライブラリモジュールに対して指定されます。
  2. イベントライブラリモジュールがイベントの発生を判断すると、イベントライブラリモジュールは trigger を呼び出します。
  3. Platform は、ルールの条件タイプライブラリモジュールに settings を渡し、このモジュールで条件が評価されます。
  4. 各条件タイプは、条件が true と評価されるかどうかを返します。
  5. すべての条件が満たされると、ルールのアクションが実行されます。

このページ