エッジ拡張機能のデータ要素タイプ

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

タグにおいて、データ要素は web ページまたはモバイルページ上のデータに対するエイリアスです。サーバーが受信したイベント内のどこにデータがあるかは関係ありません。データ要素は、ルールから参照でき、これらのデータにアクセスするための抽象型として機能します。 将来、データの場所が変更された場合(値を含むイベントキーが変更される場合など)、単一のデータ要素は再設定できますが、そのデータ要素を参照するすべてのルールは変更されません。

データ要素タイプは拡張機能によって提供され、拡張機能の作成者がデータの取得方法を決定します。例えば、データ要素タイプを使用して、Adobe Experience Platform のユーザーが XDM レイヤーまたはカスタムデータレイヤーからデータを取得できるように設定することができます。

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform のエッジ拡張機能のデータ要素タイプを定義する方法について説明します。

重要

Web 拡張機能を開発する場合は、 web 拡張機能のデータ要素タイプ に関するガイドを参照してください。

このドキュメントでは、読者がライブラリモジュールと、ライブラリモジュールがエッジ拡張機能に統合される仕組みについて理解していることを前提としています。説明が必要な場合は、このガイドに戻る前に、 ライブラリモジュールの形式 の概要を参照してください。

通常、データ要素タイプは次の要素で構成されます。

  1. データ収集 UI に表示されるビュー。データ要素の設定を変更できます。
  2. タグのランタイムライブラリ内で生成されるライブラリモジュール。設定を解釈し、データを取得します。

ユーザーがカスタムデータレイヤーからデータを取得できるようにする場合、モジュールは次の例のようになります。

module.exports = (context) => {
  const productName = context.arc.event.data.productName;
  return productName;
};

Adobe Experience Platform ユーザーが、返されるデータレイヤーのデータを設定できるようにする場合は、ユーザーがキー名を入力し、その名前を settings オブジェクトに保存できるようにします。オブジェクトは次のようになります。

{
  keyName: "campaignId"
}

ユーザー定義のローカルストレージ項目名を操作するには、モジュールを次のように変更する必要があります。

module.exports = (context) => {
  const data = context.arc.event.data;
  return data[keyName];
};

ライブラリモジュールコンテキスト

すべてのデータ要素モジュールは、モジュールの呼び出し時に提供される context 変数にアクセスできます。詳しくは、 こちら を参照してください。

このページ