イベント転送の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Experience Platformでのイベント転送は、Adobe Experience Platform Edge Networkを使用して通常クライアントでおこなわれるタスクを実行することで、Webページとアプリの重み付けを軽減します。 イベント転送ルールでは、クライアント側の実装を変更することなく、データを変換して新しい宛先に送信できます。

Adobe Experience Platform WebおよびモバイルSDKと組み合わせたイベント転送では、次のことが可能です。

  • データのペイロードを含むページから1回の呼び出しをおこないます。 このデータは、サーバー側を統合して、クライアント側のネットワークトラフィックを減らし、顧客に対してより高速なエクスペリエンスを提供します。
  • web ページの読み込みに要する時間を短縮する。この機能により、サイトを、パフォーマンスに関する業界のベストプラクティスに合わせることができます。
  • 透明性を高め、すべてのタグプロパティのどこで送信するデータタイプを制御します。
  • イベント転送ルールを作成して、以前に追跡したデータを新しい宛先に送信します。

パフォーマンスの向上

競争が激しい環境において、企業が市場シェアの維持と拡大を図るには、パフォーマンスに重点を置く必要があります。イベント転送により、モバイル、IoT、OTTの各デバイス間でWebサイトとアプリのパフォーマンスが向上します。 読み込み時間が短縮されるため、web サイトのコンバージョン率が高まります。また、モバイルアプリの電池は長持ちし、OTT アプリの応答はモバイルデバイスで実行した場合と同様に速くなります。パフォーマンスが向上すると、コンバージョン率が高まることはよく知られています。

データガバナンスの向上

技術スタックが増え、データがより多くの宛先に送信されるにつれて、どのデータをどこに送信するかを制御するのはより難しくなります。GDPRやCCPAなどの規制を標準化すると、企業は、ますます難しくなってきているデータの問題をより細かく制御する必要があります。

イベント転送は、マーケティングチームがデータを管理しながらビジネスを成長させるのに役立ちます。 これを使用することで、マーケティング担当者がターゲット市場に到達し、アドビ以外の場所にデータを送信する際に必要なクライアント側の技術の数を減らすことができます。このため、実装チームは、クライアントから様々な宛先に送られるデータを容易に管理できます。

イベント転送とタグの違い

イベント転送とタグの違いは次のとおりです。

  • データ要素のトークン化

    • タグ:ルールでは、データ要素名の先頭と末尾に%を付けてデータ要素をトークン化します。 例:%viewportHeight%

    • イベントの転送:ルールでは、データ要素名の先頭に{{、末尾に}}を付けてデータ要素をトークン化します。 例:{{viewportHeight}}

  • データの参照方法

    Edge ネットワークからデータを参照するには、データ要素のパスを arc.event._<element>_ にする必要があります。

    arc は、Adobe Response Context の略語です。

    例:arc.event.xdm.web.webPageDetails.URL

    重要

    このパスが正しく指定されていない場合、データは収集されません。

  • 一連のルールアクション

    ルールの「アクション」セクションでは、イベント転送ルールは常に順番に実行されます。 ルールを保存する際に、アクションの順序が正しいことを確認します。この実行シーケンスは、タグ付きとは異なり、選択できません。

  • カスタムコードの JavaScript バージョン

    タグは、JavaScriptバージョンes5を使用します。 イベント転送はバージョンes6を使用します。

このページ