イベント転送の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Experience Platform のイベント転送を使用すると、収集したイベントデータをサーバーサイドで処理するために宛先に送信できます。イベント転送は、通常クライアントで行なわれるタスクを、Adobe Experience Platform Edge ネットワークを使用して実行することにより、web ページやアプリの負担を軽減します。タグと同様の方法で実装されたイベント転送ルールは、データを変換して新しい宛先に送信できますが、このデータを web ブラウザーなどのクライアントアプリケーションから送信する代わりに、アドビのサーバーから送信します。

このドキュメントでは、 Platform のイベント転送の概要を説明します。

データ収集エコシステムでのイベント転送

メモ

イベント転送が Platform のデータ収集エコシステム内でどのように適合するかについての情報は、データ収集の概要を参照してください。

イベント転送を Adobe Experience Platform Web SDK および Mobile SDK と組み合わせると、次のような利点があります。

パフォーマンス

  • データのペイロードを含むページから 1 回の呼び出しを行い、このデータをサーバーサイドで統合して、クライアントサイドのネットワークトラフィックを減らし、より高速なエクスペリエンスを顧客に提供します。
  • Web ページの読み込みにかかる時間を短縮し、サイトのパフォーマンスを向上させます。
  • 多くの宛先へのエクスペリエンスの配信やデータの送信に必要なクライアントサイドテクノロジーの数を減らします。

データガバナンス

  • 透明性を高め、すべてのプロパティを通して、どのテータをどこに送信するかを制御します。

イベント転送とタグの違い

設定に関しては、イベント転送はルールデータ要素拡張など、タグと同じ概念の多くを使用します。この 2 つの主な違いを要約すると、次のようになります。

  • タグは、イベントデータを web サイトまたはネイティブモバイルアプリケーションから​収集​し、Platform Edge Network に送信します。
  • イベント転送は、Platform Edge Network から受信したイベントデータを、最終的な宛先を表すエンドポイントまたは元のペイロードを強化するデータを提供するエンドポイントに​送信​します。

タグは、Platform Web および Mobile SDK を使用して、サイトまたはネイティブモバイルアプリケーションから直接イベントデータを収集しますが、イベント転送でイベントデータを宛先に転送するには、Platform Edge Network 経由でイベントデータが既に送信されている必要があります。つまり、イベント転送を使用するには、デジタルプロパティに Platform Web または Mobile SDK を(タグを通じてまたは生のコードを使用して)実装する必要があります。

プロパティ

イベント転送は、タグとは別に独自のプロパティのストアを保持しており、左側のナビゲーションから「イベント転送」を選択してデータ収集 UI に表示できます。

データ収集 UI のイベント転送プロパティ

すべてのイベント転送プロパティには、プラットフォームとして Edge がリストされています。Web とモバイルは、Platform Edge Network から受信したデータのみを処理するため区別されません。Platform Edge Network 自体は、web プラットフォームとモバイルプラットフォームの両方からイベントデータを受信できます。

拡張機能

イベント転送には、Core 拡張機能や Adobe Cloud Connector 拡張機能など、互換性のある拡張機能の独自のカタログがあります。左側のナビゲーションで「拡張機能」、「カタログ」の順に選択すると、UI にイベント転送プロパティで使用可能な拡張機能を表示できます。

データ収集 UI のイベント転送拡張機能

データ要素

イベント転送で利用できるデータ要素のタイプは、それらを提供する互換性のある拡張機能のカタログに限定されます。

イベント転送では、データ要素自体はタグと同じように作成および設定されますが、Platform Edge Network からのデータを参照する方法については、いくつかの重要な構文上の違いがあります。

Platform Edge Network からのデータの参照

Platform Edge Network からデータを参照するには、そのデータへの有効なパスを提供するデータ要素を作成する必要があります。UI でデータ要素を作成するときは、拡張機能として​コア​を選択し、タイプとして​パス​を選択します。

データ要素の​パス​値は、パターン arc.event.{ELEMENT} に従う必要があります(例:arc.event.xdm.web.webPageDetails.URL)。データを送信するには、このパスを正しく指定する必要があります。

イベント転送のパスタイプデータ要素の例

ルール

イベント転送プロパティでのルールの作成はタグと同様に機能しますが、重要な違いは、イベントをルールコンポーネントとして選択できないことです。代わりに、イベント転送ルールはデータストリームから受け取ったすべてのイベントを処理し、特定の条件を満たした場合にそれらのイベントを宛先に転送します。

データ収集 UI のイベント転送ルール

データ要素のトークン化

タグルールでは、データ要素名の先頭と末尾に % を付けてデータ要素をトークン化します(例:%viewportHeight%)。イベント転送ルールでは、データ要素は代わりにデータ要素名の先頭に {{、末尾に }} を付けてトークン化します(例:{{viewportHeight}})。

イベント転送のパスタイプデータ要素の例

ルールアクションのシーケンス

イベント転送ルールのアクションセクションは常に順番に実行されます。ルールを保存する際に、アクションの順序が正しいことを確認します。この実行シーケンスは、タグの場合のように非同期で実行することはできません。

秘密鍵

イベント転送を使用すると、データの送信先のサーバーへの認証に使用できる秘密鍵を作成、管理、保存できます。 利用可能な秘密鍵のタイプと UI での実装方法については、秘密鍵のガイドを参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、イベント転送の概要を説明しました。組織用にこの機能を設定する方法について詳しくは、はじめる前にを参照してください。

このページ