イベント転送の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Adobe Experience Platform でイベント転送を使用するには、次の 3 つのオプションの 1 つ以上を使用して、データを Adobe Experience Platform Edge ネットワークに送信する必要があります。

メモ

Platform web SDK および Platform Mobile SDK は、Adobe Experience Platform のタグを介したデプロイメントは必要ありません。ただし、タグを使用してこれらの SDK をデプロイすることが推奨されるアプローチです。

Edge ネットワークにデータを送信した後、Adobeソリューションをオンにすることで、Edge ネットワークでデータを送信できます。アドビ以外のソリューションにデータを送信するには、イベント転送で設定します。

前提条件

  • Adobe Experience Platform Collection Enterprise(価格については担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください)
  • Adobe Experience Platform でのイベント転送
  • Edge ネットワークにデータを送信するように設定された Adobe Experience Platform Web SDK または Mobile SDK
  • Experience Data Model(XDM)へのデータのマッピング(このマッピングはタグを使用して実行できます)

XDM スキーマの作成

Adobe Experience Platform で、スキーマを作成します。

  1. スキーマスキーマを作成​を選択し、「XDM ExperienceEvent」オプションを選択して、スキーマを作成します。

  2. スキーマに名前を付け、簡単な説明を追加します。

  3. フィールドグループ」の横にある「追加」を選択して、「ExperienceEvent Web の詳細」フィールドグループを追加できます。

    メモ

    必要に応じて、複数のフィールドグループを追加できます。

  4. スキーマを保存し、付けた名前をメモします。

スキーマについて詳しくは、 Experience Data Model(XDM)システムのヘルプ 参照してください。

イベント転送プロパティの作成

データ収集 UI で、「Edge」タイプのプロパティを作成します。

  1. 新しいプロパティ」を選択します。

  2. プロパティに名前を付けます。

  3. 「Edge」プラットフォームタイプを選択します。

  4. 保存」を選択します。

プロパティを作成したら、新しいプロパティの「環境」タブに移動し、
環境 ID をメモします。データストリームで使用するアドビ組織とイベント転送で使用するアドビ組織が異なる場合は、「環境」タブから環境 ID をコピーして、データストリーム作成時に貼り付けることができます。それ以外の場合は、ドロップダウンメニューから環境を選択できます。

データストリームの作成

Adobe Experience Platform でデータストリームを作成するには、イベント転送プロパティの作成時に生成された環境 ID を使用します。

  1. データ収集 UI の左側のレールにあるリンクを使用して、データストリームインターフェイスを開きます。

  2. データストリーム​を選択します。

  3. 設定に名前を付け、必要に応じて説明を入力します。
    この説明は、複数の設定を含むリストで目的の設定を識別するのに役立ちます。

  4. 保存」を選択します。

イベント転送の有効化

次に、Edge ネットワークを設定して、イベント転送や他のアドビ製品にデータを送信します。

  1. データストリーム UI で、作成したプロパティを選択します。

  2. 「開発」、「実稼働」、または「ステージング」環境を選択します。

    または、アドビ組織外のイベント転送環境にデータを送信する場合は、「詳細設定モードに切り替え」を選択して、ID を貼り付けます。この ID は、イベント転送プロパティの作成時に提供されます。

  3. 必要なツールをオンにして、必要に応じて設定します。

    • Adobe Analytics では、レポートスイート ID が必要です。

    • Adobe Experience Platform でのイベント転送には、プロパティ ID と環境 ID が必要です。 これは、イベント転送プロパティの公開パスです。

設定後、新しいプロパティの環境 ID をメモします。

タグ Web SDK 拡張機能を設定して、前に作成したデータストリームにデータを送信します。

データ収集 UI でプロパティを作成し、Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能を使用して設定します。

  1. プロパティに名前を付けます。

    Alloy の複数のインスタンスを使用することができます。例えば、ペイウォール前とペイウォール後のトラッキングプロパティが異なる場合があります。

  2. 組織 ID を選択します。

  3. Edge ドメインを選択します。

設定オプションについて詳しくは、 Web SDK 拡張機能のドキュメント を参照してください。

Platform web SDK にデータを送信するタグルールを作成する

上記を完了した後、データ定義やルールなどを作成します。その中ではイベント転送とタグを使用しますが、ページから必要なリクエストは 1 つだけです。

Platform Web SDK 拡張機能と「イベントを送信」アクションタイプを使用して、ページ読み込みルールを作成します。

  1. ルール」タブを開き、「新しいルールを作成」を選択します。

  2. ルール名を設定します。

  3. イベントを追加」を選択します。

  4. 拡張機能とその拡張機能で使用可能なイベントタイプを 1 つ選択してイベントを追加し、そのイベントの設定を指定します。例えば、「Core - Window 搭載」を選択します。

  5. Platform Web SDK 拡張機能を使用してアクションを追加します。「アクションタイプ」リストから「イベントを送信」を選択し、目的のインスタンス(以前設定した Alloy インスタンス)を選択して、Alloy ヒット内の XDM データブロックに追加するデータ要素を選択します。

  6. この例では、残りの設定をデフォルトのままにして「保存」を選択します。

別の例では、ユーザーが特定のボタンの上にカーソルを置くと、データレイヤーが Edge に送信されるルールを作成できます。

概要

以下の設定を完了すると、アドビ以外の宛先にデータを転送するイベント転送ルールを作成できるようになります。

  • エクスペリエンスデータモデルスキーマ(付けた名前をメモします)
  • イベント転送プロパティ(プロパティ ID と環境 ID を追跡します。)
  • データストリーム(イベント転送からの環境 ID と混同しないように、環境 ID に注意します。)
  • タグのプロパティ

このページ