クライアントサイドの情報

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

この節では、Adobe Experience Platform でクライアントサイドのタグ操作を管理する際に役立つ情報について説明します。

  • タグ「_satellite」オブジェクト参照

    このリファレンスでは、_satellite オブジェクトと、このオブジェクトを使用して実行できる操作について説明します。

  • Experience Cloud JavaScript の非同期デプロイメント

    製品で必要となる JavaScript ライブラリのパフォーマンスとノンブロッキングデプロイメントは、 Adobe Experience Cloud ユーザーにとってますます重要となっています。Google PageSpeed などのツールは、自分たちのサイトでの Adobe ライブラリのデプロイ方法を変更するユーザーにお勧めです。この記事では、非同期的に Adobe JavaScript ライブラリを使用する方法について説明します。

  • コンテンツセキュリティポリシー (CSP)は、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの特定タイプのブラウザーベースの攻撃を検出し、軽減するためのツールです。この記事では、タグ実装における CSP の影響と、それに関して何ができるかについて説明します。

このページ