Reactor API ガイド

Reactor API には、Adobe Experience Platform のタグのすべてのリソースをプログラムで管理できるエンドポイントがいくつか用意されています。

これらのエンドポイントの概要を以下に示します。詳しくは、個々のエンドポイントのガイドにアクセスし、はじめる前にで API への認証方法に関する重要な情報を参照してください。

使用可能なすべてのエンドポイントと CRUD 操作を表示するには、Reactor API に関するリファレンスを参照してください。

会社

会社は、タグユーザーの組織(通常はビジネス)を表します。これらの会社は、IMS 組織 ID と 1:1 で一致します。 API ユーザーは、自身がアクセス権を持つ会社のみを表示できます。

API で利用可能な会社を表示する方法については、会社エンドポイントガイドを参照してください。

プロパティ

プロパティは、Reactor API 内で使用可能なその他のリソースのほとんどを保持するコンテナです。 プロパティが所有しないリソースは、監査イベント、会社、拡張パッケージ、プロファイルのみです。 プロパティは 1 つの会社のみに属し、1 つの会社には多数のプロパティを含めることができます。

API でプロパティを管理する方法については、プロパティエンドポイントガイドを参照してください。

データ要素

データ要素は、アプリケーション内の重要なデータを指す変数として機能します。データ要素は、ルールと拡張機能の設定内で使用されます。 ブラウザーまたはアプリケーションでルールが実行時にトリガーされると、データ要素の値が解決され、ルール内で使用されます。

API でデータ要素を管理する方法については、データ要素エンドポイントガイドを参照してください。

ルール

ルールは、デプロイ済みのライブラリに含まれるリソースの動作を制御します。 ルールは、1 つ以上のルールコンポーネントのグループで、ルールコンポーネントを論理的に結び付けるために存在します。

API でルールを管理する方法については、ルールエンドポイントガイドを参照してください。

ルールコンポーネント

ルールコンポーネントは、ルールを構成する個々の項目です。 ルールコンポーネントには、次の 3 つの基本的なタイプがあります。

  • イベント:ルールをトリガーするもの
  • 条件:アクションを決定するためのルールのチェック内容
  • アクション:条件が満たされたかどうかに応じて、ルールが実行するもの

API でルールを管理する方法については、ルールエンドポイントガイドを参照してください。

拡張機能パッケージ

拡張機能パッケージは、タグユーザーが使用できる個々の機能のグループを表します。 通常、これらの機能はルールコンポーネントとデータ要素の形式で提供されますが、メインモジュールと共有モジュールを含めることもできます。拡張機能パッケージで提供される機能は、ライブラリに含まれる際に拡張機能としてインストールされます。

API で拡張機能パッケージを管理する方法については、拡張機能パッケージエンドポイントガイドを参照してください。

拡張機能

拡張機能は、拡張機能パッケージのインストール済みインスタンスを表します。 拡張機能は、拡張機能パッケージで定義された機能をプロパティで使用できるようにします。 これらの機能は、データ要素およびルールコンポーネントを作成する際に利用されます。

API で拡張機能を管理する方法については、拡張機能エンドポイントガイドを参照してください。

ライブラリ

ライブラリは、プロパティの目的の動作を表すリソース(拡張機能、ルール、データ要素)のコレクションです。 ライブラリはビルドにコンパイルされ、テスト環境から実稼動環境へと公開フローが進むにつれて、これらのビルドは異なる環境に割り当てられます。

API でライブラリを管理する方法については、ライブラリエンドポイントガイドを参照してください。

ビルド

タグライブラリは、テストとデプロイメントのため環境に割り当てられるように、ビルドにコンパイルされます。 ビルドの内容は、ライブラリに含まれるリソース、ビルドが割り当てられる環境の設定、ビルドが属するプロパティのプラットフォームに応じて異なります。

API でビルドを管理する方法については、ビルドエンドポイントのガイドを参照してください。

環境

環境は、ビルドをデプロイできる特定のホストと、ビルドをファイルのセットとしてデプロイするか、アーカイブ形式で圧縮するかを示します。 Reactor API では、環境はホスト自体とは別のもので、/hosts エンドポイントによって管理されます。

API でビルドを管理する方法については、ビルドエンドポイントのガイドを参照してください。

ホスト

ホストとは、ライブラリビルドを配信し、最終的にデプロイできる、ホストされた宛先を表します。ホストは、Akamai または SFTP サーバーのいずれかです。

API でホストを管理する方法については、ホストエンドポイントのガイドを参照してください。

アプリの設定

アプリ設定を使用すると、資格情報を保存し、取得して後で使用できます。 API でアプリ設定を管理する方法については、アプリ設定エンドポイントのガイドを参照してください。

監査イベント

監査イベントは、変更がおこなわれたときに生成される、別のタグリソースに対する特定の変更の記録です。これらは、コールバック関数を使用して登録できるシステムイベントです。

API で監査イベントを管理する方法については、監査イベントエンドポイントのガイドを参照してください。

コールバック

コールバックは、新しい監査イベントが生成されるたびに Platform が URL ホストに送信するメッセージです。 API でコールバックを管理する方法については、コールバックエンドポイントのガイドを参照してください。

備考

メモは、データ要素、拡張機能、ライブラリ、プロパティ、ルール、ルールコンポーネントなど、特定のタグリソースに追加できるテキスト注釈です。 API でメモを管理する方法については、メモエンドポイントのガイドを参照してください。

プロファイル

プロファイルには、ログインしているユーザーに関するすべての情報(所属するすべてのアドビ製品組織、各組織内に属する製品プロファイル、各製品プロファイルからの権限など)が保持されます。

API でこの情報を表示する方法については、プロファイルエンドポイントのガイドを参照してください。

検索

/search エンドポイントは、クエリとして表現され、目的の条件に一致するリソースを見つける方法を提供します。 すべてのクエリは、現在の会社およびアクセス可能なプロパティを範囲とします。この機能の使用方法については、検索エンドポイントガイドを参照してください。

次の手順

API を使用して呼び出しを開始するには、はじめにを参照し、エンドポイントガイドの 1 つを選択して、特定のエンドポイントの使用方法を確認します。

このページ