外部ユーザーのインポートと使用

Adobe エクスペリエンスプラットフォームでは外部ユーザーを取り込む機能がサポートされています。これは、後で外部ユーザーを追加するためのコンポーネントとして使用できます。 このドキュメントでは、外部ユーザーを読み込んで使用するためにエクスペリエンスプラットフォームを設定するためのチュートリアルを提供しています。

はじめに

このチュートリアルでは、対象となるセグメントを作成するための様々なサービスについて、十分に理解しておく必要があり Adobe Experience Platform ます。 このチュートリアルを開始する前に、次のサービスのドキュメントを確認してください。

  • セグメント化サービス:リアルタイム顧客プロファイルデータからオーディエンスセグメントを作成できます。
  • リアルタイム顧客プロファイル:複数のソースから集約されたデータに基づいて、統合されたリアルタイムのコンシューマープロファイルを提供します。
  • エクスペリエンスデータモデル(XDM):Platform が顧客エクスペリエンスデータを整理する際に使用する標準化されたフレームワーク。セグメンテーションを最大限に活用するには、データモデリングのベストプラクティスに従い、データをプロファイルとイベントとして ingested にしておく必要が あります。
  • データセット:Experience Platform のデータ永続化のためのストレージと管理の構成。
  • ストリーミング の取得: プラットフォームの ingests について説明します。これにより、クライアント側とサーバー側のデバイスのデータがリアルタイムで格納されます。

セグメントデータとセグメントメタデータ

外部ユーザーの読み込みと使用を開始する前に、セグメントデータとセグメントメタデータの違いを理解しておくことが重要です。

セグメントデータは、セグメントの認定条件を満たすプロファイルを意味します。したがって、出席者に属していることになります。

セグメントメタデータは、名前、説明、表現 (存在する場合)、作成日、最後に変更された日付、および ID が含まれます。 この ID は、セグメントのメタデータを、セグメントの認定条件を満たす個別のプロファイルにリンクさせることができます。

セグメントデータ セグメントメタデータ
セグメントの認定条件を満たすプロファイル セグメント自体に関する情報

外部ユーザーに対する id 名前空間の作成

外部の視聴者を使用するための最初の手順は、id 名前空間を作成することです。 Id 名前空間を使用すると、プラットフォームは、セグメントの発生元を関連付けます。

Identity 名前空間を作成するには、「id 名前空間ガイド」の説明に従って ください。 Id 名前空間を作成するときに、アイデンティティ名前空間にソース詳細を追加し 、 人物の識別子として使用しないように設定し ​ます。

セグメントメタデータのスキーマの作成

Identity 名前空間を作成した後は、作成するセグメントの新しいスキーマを作成する必要があります。

スキーマの作成を開始するには、まず左側のナビゲーションバーで「スキーマ」を選択し、次に「スキーマ」 ワークスペースの右上隅にある「作成」をクリックします。 ここから、「参照」をクリックし ​て、使用可能なスキーマタイプをすべて選択します。

事前に定義されたクラスであるセグメント定義を作成しているため、「既存のクラスを使用」を選択し ​ます。 次に、セグメント定義クラスを選択し、 ​その後に クラスを割り当て ます。

これで、スキーマが作成されたので、セグメント ID を格納するフィールドを指定する必要があります。 このフィールドは、1次 id としてマークし、以前に作成した名前空間に割り当てる必要があります。

_idフィールドをプライマリ id としてマークした後、スキーマのタイトルと、その後に表示されるラベルの付いたプロファイルを選択し ​ます。「有効」を選択 ​すると、スキーマが有効に Real-time Customer Profile なります。

現在は、このスキーマがプロファイルに対して有効になっています。これにより、ユーザーが作成した非 person id 名前空間に割り当てられます。 そのため、このスキーマを使用してプラットフォームにインポートされたセグメントメタデータは、他の人物に関連するプロファイルデータと ingested には統合されません。

スキーマのデータセットの作成

スキーマを設定したら、セグメントメタデータ用のデータセットを作成する必要があります。

データセットを作成するには、「データセット」ユーザーガイドの指示に従い ます。 事前に作成した スキーマを使用して、「スキーマからデータセットを作成」オプションを選択し ます。

データセットを作成した後は、「データセット」ユーザーガイドの指示に従って、 このデータセットをリアルタイムカスタマープロファイルに対して有効にすることができます。

対象データの設定とインポート

データセットが有効になっていると、UI を通じて、またはエクスペリエンスプラットフォーム Api を使用して、データをプラットフォームに送信できるようになりました。 このデータをプラットフォームに取り込むには、ストリーミング接続を作成する必要があります。

ストリーミング接続を作成するには、「API チュートリアル」または「UI チュートリアル」に記載された手順に従って ください。

ストリーミング接続を作成すると、にデータを送信できる独自のストリーミングエンドポイントへのアクセスが可能になります。 このようなエンドポイントにデータを送信する方法については、「 レコードデータのストリーミング」のチュートリアルを参照してください

読み込んだ視聴者を使用したセグメントの作成

読み込んだ対象ユーザーの設定が完了したら、セグメンテーションプロセスの一部として使用できます。 外部ユーザーを検索するには、「セグメントビルダー」に移動し、 「フィールド」セクションの「配信先」タブを選択し ます。

次の手順

これで、セグメントに外部の対象ユーザーを使用できるようになりました。そのため、セグメントビルダーを使用してセグメントを作成することができます。 セグメントの作成方法について詳しくは、セグメント作成のチュートリアルを参照してください

このページ