Adobe Experience Platform Segmentation Service でサポートされるデータ型

All XDM data types are supported within Segmentation Service. セグメント定義を構成するルールは、次のデータタイプによってコンテキスト化されます。

文字列データ

セグメント定義では、文字列データを使用して、「国名」や「ロイヤルティプログラムレベル」など、セグメントオーディエンスの数値以外の制約を定義します。

文字列データは、論理ステートメント、包含/排他ステートメント、比較ステートメントを使用して、セグメント定義に含まれます。文字列属性をセグメント定義に追加したら、文字列関連ステートメントを使用して、他の文字列フィールドと比較して評価できます。

ステートメントのタイプ
論理 andornot
包含/排他 include, must exist, exclude, must not exist
比較 equalsdoes not equalcontainsstarts with

日付データ

日付データを使用すると、特定の開始/終了日を使用するか、以下の表に示す日付関連ステートメントを使用して、セグメント定義に時間ベースのコンテキストを割り当てることができます。今年​いつもブランドとの関わりを持ち、過去数日​以内​もアクティブであった顧客オーディエンスを作成するといった場合が 1 つの実装例です。

フィールドの例 日付関連ステートメント タイムライン
person.firstPurchase todayyesterdaythis monththis year セグメントが作成された日に関連します。
person.lastPurchase in lastduringbeforeafterwithin 任意の週内/月内に関連します。

エクスペリエンスイベント

As an Adobe Experience Platform schema, XDM ExperienceEvents record explicit and implicit customer interactions with Platform-integrated applications, including a snapshot of the system at the time the interaction took place. ExperienceEvents は事実の記録です したがって、セグメント定義時に使用できるデータソースになります。

次の表に示すように、イベントデータは、イベント動作の絞り込みやイベント属性の指定に役立つキーワードを使用して表現されます。

キーワード 用途
含む/除く データを含めるまたは省略してイベントの動作を記述します。
任意/すべて 適格なセグメントの数の判断に役立ちます。
「時間ルールを適用」切り替えボタン 日付データを組み込みます。
等しい、等しくない、~で開始する、~で開始しない、~で終わる、~で終わらない、含む、含まない、存在する、存在しない 文字列データを組み込みます。

オーディエンスの共有

外部オーディエンスは、新しいセグメント定義のコンポーネントとしても使用でき、属性ルールを新しいセグメントに追加できます。

現在、外部オーディエンスとしてサポートされているのはAdobe Audience Managerのみです。今後、追加のソースが有効になる予定です。 プラットフォームでのAdobe Audience Managerオーディエンスの使用について詳しくは、Adobe Audience Managerのドキュメント内の オーディエンス共有ガイドを参照してください

セグメントの共有

プラットフォームで作成したセグメントは、他の Adobe Experience Cloudコアサービス内で使用できます。 この機能を有効にするには、ソリューションアーキテクトまたは担当のコンサルタントに連絡する必要があります。

その他のデータタイプ

上記のデータタイプに加えて、サポートされるデータタイプのリストには、次のものも含まれます。

  • Uniform Resource Identifier(URI)
  • 列挙
  • 数値
  • 長整数
  • 整数
  • 短整数
  • バイト
  • Boolean
  • 配列
  • オブジェクト
  • Map

このページ