サンドボックス API 開発者ガイド

Adobe Experience Platform のサンドボックスは、独立した開発環境を提供し、実稼働環境に影響を与えることなく、機能のテスト、実験の実行、カスタム設定をおこなうことができます。

この開発者ガイドでは、サンドボックス API を使用して Experience Platform のサンドボックスを管理する手順を説明し、様々な操作を実行するための API 呼び出し例を含んでいます。

サンドボックス API - はじめに

IMS 組織のサンドボックスを管理するには「サンドボックス管理」権限が必要です。アクセス権限のないユーザーは、現在のユーザーのアクティブなサンドボックスを一覧表示するための エンドポイントのみを使用できます。Experience Platform のサンドボックス権限を割り当てる方法について詳しくは、「アクセス制御の概要」を参照してください。

API 呼び出し例の読み取り

ここでは、リクエストの形式を説明するために API 呼び出しの例を示します。これには、パス、必須ヘッダー、適切に書式設定されたリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。API 呼び出し例のドキュメントで使用される表記について詳しくは、『Experience Platform トラブルシューティングガイド』の API 呼び出し例の読み方に関する節を参照してください。

必要なヘッダーの値の収集

このガイドでは、Platform API を正しく呼び出すために認証に関するチュートリアルを完了している必要があります。認証に関するチュートリアルを完了すると、すべての Experience Platform API 呼び出しで使用する、以下のような各必須ヘッダーの値が提供されます。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

認証ヘッダーに加えて、すべてのリクエストには、操作が行われるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、次の追加のヘッダーが必要です。

  • Content-Type: application/json

次の手順

必要な資格情報を収集したので、開発者ガイドの残りをお読みください。各節では、エンドポイントに関する重要な情報を提供し、CRUD 操作を実行するための API 呼び出しの例を示します。各呼び出しには、一般的な API 形式、必要なヘッダーと適切な形式のペイロードを示すサンプルリクエスト、および正常な呼び 出しのサンプル応答が含まれます。

このページ