Segmentation Service in Real-time Customer Data Platform

Real-time Customer Data Platform (リアルタイムCDP)では、複数のソースからのデータを取得し、お客様に対して調整と一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。 Delivering relevant personalized marketing campaigns can be achieved using the Segmentation Service, part of Adobe Experience Platform.

Real-time CDP is built on top of Adobe Experience Platform and utilizes many of the Experience Platform services and functionality. Using the Segmentation Service, you can provide tailor-made marketing by dividing your customers into smaller groups with similar traits.

セグメント化

セグメント化とは、プロファイルストアにあるプロファイルのサブセットによって共有される特定の属性や行動を定義し、マーケティング可能な人々のグループを顧客ベースから選別するプロセスです。例えば、「スニーカーを購入し忘れましたか?」という電子メールキャンペーンでは、過去 30 日間にランニングシューズを検索したが購入を完了しなかったすべてのユーザーのオーディエンスが必要な場合があります。様々なセグメントを使用すると、様々なオーディエンスに焦点を当て、よりカスタマイズされたマーケティングエクスペリエンスを提供できます。

Segment Builder

Platform セグメントを簡単に作成してアクセスでき、異なる構築ブロックを使用してセグメントの特徴をさらに明確にできます。 セグメントビルダーの使用方法の詳細については、『セグメントビルダーガイド』を参照してください。

次の手順

After reading this overview, you should now understand how Real-time CDP utilizes Segmentation Service to enhance customization and personalization of marketing campaigns. For more information about the Segmentation Service, please read the Segmentation documentation.

このページ