プライバシー Real-time CDP

Real-time Customer Data Platform (Real-time CDP)マーケティング担当者が複数のエンタープライズシステムからのデータを統合し、顧客の識別、把握、関与をより的確に行えるようにします。 アドビでは、基本的なデザイン原則として消費者データのプライバシーを保持し、マーケティング担当者が顧客のデータのプライバシーを管理するのに役立つ様々なコントロールを提供しています。

The majority of Real-time CDP capabilities are powered by Adobe Experience Platform. This document provides information about the various privacy enhancement technologies supported by Real-time CDP, with links to Experience Platform documentation for more information.

顧客のアクセスおよび削除要求の実行

(GDPR)や General Data Protection RegulationCalifornia Consumer Privacy Act (CCPA)などの法的プライバシー規制により、お客様は、お客様から収集した個人データへのアクセスを要求したり、そのデータを削除したりする権利を得ることができます。 データの収集とストレージに Real-time CDP 機能を活用するため、個人データのアクセスと削除を求める顧客の要求は、内で管理する必要があり Experience PlatformPlatformます。 See the overview on Adobe Experience Platform Privacy Service for more information.

オプトアウト機能

Real-time CDP セグメント化の使用例に個人データオプトアウトを含めることができます。 顧客のオプトアウトプリファレンスは、によってキャプチャおよび保存され Real-time Customer Profile、セグメントの述語にBooleanロジック(「AND NOT」)を使用してセグメントからオプトアウトしたユーザーを除外すると、適用できます。

詳しくは、Adobe Experience Platform Segmentation Serviceドキュメントで、オプトアウトリクエストの 実行に関するドキュメントを参照してください

(IAB TCF 2.0のサポート)

Real-time CDP は、に示すように、の登録 ベンダーリスト Transparency & Consent Framework (TCF)の一部で Interactive Advertising Bureau (IAB)す。 TCF 2.0の要件に準拠して、詳細な顧客の同意データを収集 Real-time CDP し、それを保存されている顧客プロファイルに統合できます。 その後、この同意データは、使用事例に応じて、特定のプロファイルが書き出されたオーディエンスセグメントに含まれているかどうかに織り込まれます。

詳細については、 IAB TCF 2.0サポートの概要 Real-time CDP ()を参照してください。

次の手順

This document provided a brief introduction to the privacy capabilities of Real-time CDP. 各機能の詳細については、本ガイド全体にリンクされたドキュメントを参照してください。

このページ