接続パラメーター

サンプル API 呼び出し

Now that you understand what headers to use, you are ready to begin making calls to the Query Service API. The following sections walk through the various API calls you can make using the Query Service API. 各呼び出しでは一般的な API 形式、必須ヘッダーを示すリクエスト例および応答例が示されています。

インタラクティブサービスの接続パラメーターの要求

/connection_parameters エンドポイントに GET リクエストを実行することで、インタラクティブサービスを使用するための接続パラメーターを取得できます。インタラクティブサービスを介した接続に接続パラメーターを使用するクライアントについては、クエリサービスクライアントに関するドキュメントを参照してください。

API 形式

GET /connection_parameters

リクエスト

curl -X GET https://platform.adobe.io/data/foundation/query/connection_parameters
 -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
 -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
 -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
 -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

リクエストが成功した場合、HTTP ステータス 200 と接続パラメーターが返されます。

{
    "username": "{USERNAME}",
    "dbName": "prod:all",
    "host": "{HOSTNAME}",
    "version": 1,
    "port": 80,
    "token": "{TOKEN}",
    "compressedToken": "{COMPRESSED_TOKEN}",
    "websocketHost": "{WEBSOCKET_HOSTNAME}"
}

このページ