~へ追加のデータ Real-time Customer Profile

This tutorial outlines the steps necessary to add data to Real-time Customer Profile.

スキーマの有効化 Real-time Customer Profile

によって使用 Experience Platform するために取り込まれるデータは、に対して有効になっている Real-time Customer Profile (XDM)スキーマに準拠している必要があり Experience Data ModelProfileます。 In order for a schema to be enabled for Profile, it must implement either the XDM Individual Profile or XDM ExperienceEvent class.

スキーマを有効にして、 Real-time Customer Profile APIまたはユー Schema RegistrySchema Editor ザーインターフェイスの使用に使用できます。 作業を開始するには、API を使用したスキーマの作成またはスキーマエディターの UI を使用したスキーマの作成に関するチュートリアルに従います。

バッチインジェストを使用してデータを追加する

All data uploaded to Platform using batch ingestion is uploaded to individual datasets. Before this data can be used by Real-time Customer Profile, the dataset in question has to be specifically configured. 手順について詳しくは、プロファイルと ID サービスのデータセットの設定に関するチュートリアルを参照してください。

データセットを設定したら、データの取り込みを開始できます。様々な形式のファイルをアップロードする方法について詳しくは、「バッチ取得開発者ガイド」を参照してください。

ストリーミングインジェストを使用してデータを追加する

Any stream-ingested data that is compliant with a Profile-enabled XDM schema will automatically add or overwrite the appropriate record in Real-time Customer Profile. レコードに複数の ID が指定されている場合、または時系列データが使用されている場合は、それらの ID が ID グラフにマッピングされます。追加の設定は必要ありません。詳しくは、ストリーミングインジェストの開発者ガイドドを参照してください。

アップロードが正常に完了したことを確認する

新しいデータセットに初めてデータをアップロードする場合、または新しい ETL やデータソースに関するプロセスの一部としてデータをアップロードする場合は、データが正しくアップロードされているかどうかを慎重に確認することをお勧めします。

Using the Real-time Customer Profile Access API, you can retrieve batch data as it gets loaded into a dataset. If you are unable to retrieve any of the entities you expect, your dataset may not be enabled for Profile. データセットが有効になっていることを確認した後、ソースデータの形式と識別子が要件を満たしていることを確認します。

APIを使用してエンティティにアクセスする方法について詳しくは、「 Real-time Customer Profile API」とも呼ばれる エンティティエンドポイントガイド Profile Access を参照してください。

このページ