Adobe Experience Platform 概要

メモ

Adobe Experience Platform のドキュメントが最近移動されました。新しいナビゲーションを確認し、既存のブックマークを更新してください。

Adobe Experience Platform は、顧客体験を促進する完全なソリューションを構築し、管理するための、市場で最も強力で柔軟性の高いオープンシステムです。Experience Platform を使用すると、あらゆるシステムから顧客データおよびコンテンツを一元化および標準化して、データサイエンスと機械学習を適用し、パーソナライズされた豊富なエクスペリエンスのデザインおよび配信を大幅に強化できます。

Experience PlatformはRESTful APIを基に構築され、開発者にシステムの全機能を公開し、使い慣れたツールを使用したエンタープライズソリューションの簡単な統合をサポートします。 Experience Platform また、必要に応じて独自の製品とテクノロジーを構築および統合するパートナーもサポートします。このパワーと柔軟性により、Experience Platformは市場で独自の存在となります。 パートナー、顧客、開発者のコミュニティに、「エクスペリエンスビジネス」を推進する革新を構築するための基盤を提供します。あらゆる角度からの顧客の表示と個々の好みから引き出され、継続的に改善され完全にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することで、顧客の期待を上回る成果を得ることができます。

Experience Platform ドキュメント

Experience Platform ドキュメントは、様々な機能やサービスのために複数の形式で提供されています。使用可能なドキュメントの種類について詳しくは、プラットフォームドキュメントの概要を参照してください。

特定のPlatformサービスに関する詳細な情報を得るには、ドキュメントランディングページに戻って、適切なガイドを選択します。

Experience Platform上で構築されたアプリケーションサービスのドキュメント

Adobeは、Experience Platform上に複数のアプリケーションサービスを構築しました。 これらのサービスのドキュメントは、以下にリンクされている独自のガイドで確認できます。

Experience Platform チュートリアル

Platformは、取り込み用のデータの準備から高度な機械学習アルゴリズムまで、あらゆる作業を順を追って説明するチュートリアルに従うことで、すばやく簡単に始めることができます。 これらのチュートリアルは、Experience Platformドキュメントに記載されている情報を補う目的で設計されているので、最良の結果を得るために、チュートリアルを完了する際にドキュメントを手元に置いておくことをお勧めします。

開始するには、Experience Platformのチュートリアルランディングページにアクセスしてください。

参照ドキュメントとリソース

このページ