カラー抽出

メモ

Content and Commerce AI はベータ版です。このドキュメントは変更されることがあります。

カラー抽出サービスは、画像を与えられると、ピクセル色のヒストグラムを計算して、優良色別にグループに分けることができる。 画像ピクセルの色は、カラースペクトルを表す40の主要な色に分類されます。 次に、これらの40色の中から色値のヒストグラムを算出する。 サービスには2つのバリアントがあります。

カラー抽出(フルイメージ)

この方法は、画像全体のカラーヒストグラムを抽出する。

カラー抽出(マスク付き)

この方法は、深い学習ベースのフォアグラウンド抽出器を使用して、フォアグラウンドのオブジェクトを識別する。 このモデルは、eコマース画像のカタログに基づいてトレーニングを受けています。 前景オブジェクトが抽出されると、前述のように、主色に対してヒストグラムが計算される。

このドキュメントの例では、次の画像が使用されています。

テスト画像

API 形式

POST /services/v1/predict

リクエスト

次のリクエスト例では、カラー抽出にフルメソッドを使用しています。

次のリクエストは、ペイロードで提供された入力パラメーターに基づいて画像から色を抽出します。 以下に示す入力パラメーターの詳細については、ペイロード例の下の表を参照してください。

注意

analyzer_id どの変数を使用 Sensei Content Framework するかを決定します。リクエストを行う前に、適切なanalyzer_idがあることを確認してください。 カラー抽出サービスの場合、analyzer_id IDは:
Feature:image-color-histogram:Service-6fe52999293e483b8e4ae9a95f1b81a7

curl -i -X POST https://sensei.adobe.io/services/v1/predict \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: multipart/form-data' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'cache-control: no-cache,no-cache' \
  -F file=@test_image.jpg \
  -F 'contentAnalyzerRequests={
   "enable_diagnostics":"true",
   "requests":[
     {
         "analyzer_id": "Feature:image-color-histogram:Service-6fe52999293e483b8e4ae9a95f1b81a7",
         "parameters": {
          "application-id": "1234", 
          "content-type": "inline", 
          "encoding": "jpeg", 
          "threshold": "0", 
          "top-N": "0", 
          "custom": {}, 
          "data": [{
            "content-id": "0987", 
            "content": "inline-image", 
            "content-type": "inline", 
            "encoding": "jpeg", 
            "threshold": "0", 
            "top-N": "0", 
            "historic-metadata": [], 
            "custom": {"exclude_mask": 1}
            }]
          }
      }
    ]
}'
プロパティ 説明 必須
analyzer_id リクエストの展開先のSenseiサービスID。 このIDは、Sensei Content Frameworksのうちどれを使用するかを決定します。 カスタムサービスの場合は、Content and Commerce AIチームに連絡して、カスタムIDを設定してください。
application-id 作成したアプリケーションのID。
data JSONオブジェクトを含む配列。 配列内の各オブジェクトは、イメージを表します。 この配列の一部として渡されたパラメータは、data配列の外部で指定されたグローバルパラメータよりも優先されます。 この表で説明する他のプロパティは、data内で上書きできます。
content-id 応答で返されるデータ要素の一意のID。 この値が渡されない場合は、自動生成IDが割り当てられます。 ×
content カラー抽出サービスによって分析されるコンテンツ。 イメージが要求本文に含まれるイベントでは、curlコマンドで-F file=@<filename>を使用してイメージを渡し、このパラメーターは空の文字列のままにします。
画像がS3上のファイルである場合は、署名済みURLを渡します。コンテンツがリクエスト本文の一部である場合、データ要素のリストには1つのオブジェクトしか含めないでください。 複数のオブジェクトが渡された場合は、最初のオブジェクトのみが処理されます。
content-type 入力が要求本文の一部であるか、S3バケットの署名済みURLであるかを示すために使用されます。 このプロパティのデフォルトはinlineです。 ×
encoding 入力画像のファイル形式。 現在、処理できるのはJPEGおよびPNG画像のみです。 このプロパティのデフォルトはjpegです。 ×
threshold スコア(0 ~ 1)のしきい値。この値を超えると結果を返す必要があります。 すべての結果を返すには、値0を使用します。 このプロパティのデフォルトは0です。 ×
top-N 返す結果の数です(負の整数は指定できません)。 すべての結果を返すには、値0を使用します。 thresholdと組み合わせて使用した場合、返される結果の数は、どちらの制限セットの中でも小さい方です。 このプロパティのデフォルトは0です。 ×
custom 渡す任意のカスタムパラメーター。 ×
historic-metadata メタデータを渡すことができる配列。 ×

応答

正常に応答すると、抽出された色の詳細が返されます。 各色はfeature_valueキーで表され、次の情報が含まれます。

  • 色名
  • この色が画像に対して表示される割合
  • カラーのRGB値

下の最初の例のオブジェクトでは、White,0.59,251,251,243feature_valueは、見つかった色が白で、画像の59 %に白が見つかり、RGB値が251,251,243であることを意味します。

{
  "status": 200,
  "content_id": "test_image.jpg",
  "cas_responses": [
    {
      "status": 200,
      "analyzer_id": "Feature:image-color-histogram:Service-e952f4acd7c2425199b476a2eb459635",
      "content_id": "test_image.jpg",
      "result": {
        "response_type": "feature",
        "response": [
          {
            "feature_value": [
              {
                "feature_name": "color_name_and_rgb",
                "feature_value": "White,0.59,251,251,243"
              },
              {
                "feature_value": "Orange,0.30,248,169,48",
                "feature_name": "color_name_and_rgb"
              },
              {
                "feature_name": "color_name_and_rgb",
                "feature_value": "Mustard,0.08,251,199,77"
              },
              {
                "feature_name": "color_name_and_rgb",
                "feature_value": "Gold,0.02,250,191,55"
              }
            ],
            "feature_name": "color"
          }
        ]
      }
    }
  ],
  "error": []
}
プロパティ 説明
content_id POST要求でアップロードされた画像の名前。
feature_value オブジェクトに同じプロパティ名を持つキーが含まれている配列。 これらのキーには、カラー名を表す文字列、content_idに送信される画像に対するこのカラーの表示割合、およびカラーのRGB値が含まれます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free