データ取り込みの概要

Adobe Experience Platform では、複数のソースからのデータを統合し、マーケターが顧客の行動をより深く理解できるようにします。Adobe Experience Platform Data Ingestion represents the multiple methods by which Platform ingests data from these sources, as well as how that data is persisted within the Data Lake for use by downstream Platform services.

This document introduces the three main ways in which data is ingested into Platform, with links to their respective overview documentation for more detailed information.

バッチ取得

Batch ingestion allows you to ingest data into Experience Platform as batch files. バッチとは、1 つの単位として取り込まれる 1 つ以上のファイルで構成されるデータの単位です。取り込まれたバッチには、正常に取り込まれたレコードの数と、失敗したレコードの数、および関連するエラーメッセージを示すメタデータが提供されます。

フラットな CSV ファイル(XDM スキーマにマッピングされる)や Parket データフレームなど、手動でアップロードしたデータファイルは、この方法を使用して取り込む必要があります。

詳しくは、バッチ取り込みの概要を参照してください。

ストリーミング取り込み

Streaming ingestion allows you to send data from client- and server-side devices to Experience Platform in real-time. Platform では、受信したエクスペリエンスデータをストリーミングするためのデータインレットの使用をサポートしています。このデータインレットは、データレイク内のストリーミング対応データセットで保持されます。データインレットは、収集したデータを自動的に認証するように設定でき、信頼できるソースからのデータであることを確認できます。

詳しくは、ストリーミング取り込みの概要を参照してください。

ソース

Experience Platform では、様々なデータプロバイダーへのソース接続を設定できます。これらの接続を使用すると、外部データソースの認証、取り込みの実行時間の設定、取り込みスループットの管理をおこなうことができます。

Source connections can be configured to gather data from other Adobe applications (such as Adobe Analytics and Adobe Audience Manager), third-party cloud storage sources (such as Azure Blob, Amazon S3, FTP servers, and SFTP servers), and third-party CRM systems (such as Microsoft Dynamics and Salesforce).

詳しくは、ソースの概要を参照してください。

次の手順 およびその他のリソース

This document provided a brief introduction to the different aspects of Data Ingestion in Experience Platform. 各取り込み方法の概要ドキュメントを引き続き参照して、それぞれの機能、ユースケース、ベストプラクティスをよく理解してください。また、次のインジェストの概要ビデオを見ることで、学習を補うこともできます。 For information on how Experience Platform tracks the metadata for ingested records, see the Catalog Service overview.

WARNING

次のビデオで使用されている「統合プロファイル」という用語は古いです。 ドキュメントで使用され “Profile” る用語または “Real-time Customer Profile” 正しい用語 Experience Platform です。 最新の機能については、ドキュメントを参照してください。

このページ