バッチ取得開発者ガイド

このドキュメントでは、バッチ取得 API の使用に関する包括的な概要を説明します。

このドキュメントの付録では、CSV 例や JSON データファイル例など、取得に使用するデータの形式設定に関する情報を提供します。

はじめに

データ取得では、RESTful API を使用して、サポートされるオブジェクトタイプに対して基本的な CRUD 操作を実行できます。

次の節では、バッチ取得 API を正しく呼び出すために知っておく必要がある、または手元に置く必要がある追加情報を示します。

このガイドでは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントに関する十分な知識が必要です。

  • バッチ取得:データをバッチファイルとして Adobe Experience Platform に取得することができます。
  • Experience Data Model (XDM) システム:顧客体験データを Experience Platform 整理する際に使用される標準化されたフレームワーク。
  • Sandboxes: Experience Platform は、1つの Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスを提供します。

API 呼び出し例の読み取り

ここでは、リクエストの形式を説明するために API 呼び出しの例を示します。これには、パス、必須ヘッダー、適切に書式設定されたリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、 トラブルシューテングガイドのAPI 呼び出し例の読み方に関する節を参照してください。Experience Platform

必須ヘッダーの値の収集

In order to make calls to Platform APIs, you must first complete the authentication tutorial. Completing the authentication tutorial provides the values for each of the required headers in all Experience Platform API calls, as shown below:

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

All resources in Experience Platform are isolated to specific virtual sandboxes. All requests to Platform APIs require a header that specifies the name of the sandbox the operation will take place in:

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
メモ

For more information on sandboxes in Platform, see the sandbox overview documentation.

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むリクエストには、追加の Content-Type ヘッダーが必要な場合があります。各呼び出しに固有の受け入れられた値は、呼び出しパラメーターで提供されます。

タイプ

When ingesting data, it is important to understand how Experience Data Model (XDM) schemas work. XDM のフィールドタイプを様々な形式にマップする方法について詳しくは、『スキーマレジストリ開発者ガイド』を参照してください。

データ取得には柔軟性があります。ターゲットスキーマ内のデータとタイプが一致しない場合、データは表現されたターゲットタイプに変換されます。 できない場合は、バッチが TypeCompatibilityException で失敗します。

例えば、JSON も CSV も日付や時刻のタイプを持ちません。その結果、これらの値は ISO 8061 形式の文字列(「2018-07-10T15:05:59.000-08:00」)または Unix 時間形式のミリ秒(1531263959000)を使用して表され、取得時にターゲット XDM タイプに変換されます。

次の表に、データの取得時にサポートされる変換を示します。

受信(行)とターゲット(列) String Byte Short Integer Long Double Date Date-Time Object Map
String X X X X X X X X
Byte X X X X X X
Short X X X X X X
Integer X X X X X X
Long X X X X X X X X
Double X X X X X X
Date X
Date-Time X
Object X X
Map X X
メモ

ブール値と配列は他の型に変換できません。

取得の制約

バッチデータ取得には、いくつかの制約があります。

  • バッチあたりの最大ファイル数:1500
  • 最大バッチサイズ:100GB
  • 1 行あたりのプロパティまたはフィールドの最大数:10000
  • 1 ユーザーあたりの 1 分あたりの最大バッチ数:138

JSON ファイルの取得

メモ

次の手順は、小さいファイル(256MB 以下)に適用されます。ゲートウェイのタイムアウトまたは陸エスト本文のサイズエラーが発生した場合は、大きなファイルのアップロードに切り替える必要があります。

バッチの作成

まず、JSON を入力形式としてバッチを作成する必要があります。バッチを作成する場合は、データセット ID を指定する必要があります。また、バッチの一部としてアップロードされるすべてのファイルが、提供されたデータセットにリンクされた XDM スキーマに適合していることを確認する必要があります。

メモ

以下に、1 行の JSON の例を示します。複数行の JSON を取得するには、isMultiLineJson フラグを設定する必要があります。詳しくは、『バッチ取得トラブルシューティングガイド』を参照してください。

API 形式

POST /batches

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
          "datasetId": "{DATASET_ID}",
           "inputFormat": {
                "format": "json"
           }
      }'
パラメーター 説明
{DATASET_ID} 参照データセットの ID。

応答

{
    "id": "{BATCH_ID}",
    "imsOrg": "{IMS_ORG}",
    "updated": 0,
    "status": "loading",
    "created": 0,
    "relatedObjects": [
        {
            "type": "dataSet",
            "id": "{DATASET_ID}"
        }
    ],
    "version": "1.0.0",
    "tags": {},
    "createdUser": "{USER_ID}",
    "updatedUser": "{USER_ID}"
}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。

ファイルのアップロード

これでバッチが作成され、前の batchId を使用してファイルをバッチにアップロードできます。複数のファイルをバッチにアップロードできます。

メモ

付録の適切に書式設定された JSON データファイルの例についての節を参照してください。

API 形式

PUT /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} アップロードするファイルの名前。このファイルパスは、Adobe側でファイルが保存される場所です。

リクエスト

メモ

API は、シングルパートのアップロードをサポートします。content-type が application/octet-stream であることを確認します。

curl -X PUT https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.json \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'content-type: application/octet-stream' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  --data-binary "@{FILE_PATH_AND_NAME}.json"
パラメーター 説明
{FILE_PATH_AND_NAME} アップロードしようとしているファイルのフルパスと名前。このファイルパスは、などのローカルファイルパスで Users/sample-user/Downloads/sample.jsonす。

応答

200 OK

バッチの完了

ファイルの様々な部分のアップロードが完了したら、データが完全にアップロードされ、バッチがプロモーションの準備ができたことを伝える必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。

リクエスト

curl -X POST "https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE" \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

200 OK

Parquet ファイルの取得

メモ

次の手順は、小さいファイル(256MB 以下)に適用されます。ゲートウェイのタイムアウトまたは陸エスト本文のサイズエラーが発生した場合は、大きなファイルのアップロードに切り替える必要があります。

バッチの作成

まず、Parquet を入力形式としてバッチを作成する必要があります。バッチを作成する場合は、データセット ID を指定する必要があります。また、バッチの一部としてアップロードされるすべてのファイルが、提供されたデータセットにリンクされた XDM スキーマに適合していることを確認する必要があります。

リクエスト

curl -X POST "https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches" \
  -H "Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}" \
  -H "Content-Type: application/json" \
  -H "x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}" \
  -H "x-api-key : {API_KEY}" \
  -H "x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}" 
  -d '{
          "datasetId": "{DATASET_ID}",
           "inputFormat": {
                "format": "parquet"
           }
      }'
パラメーター 説明
{DATASET_ID} 参照データセットの ID。

応答

201 Created
{
    "id": "{BATCH_ID}",
    "imsOrg": "{IMS_ORG}",
    "updated": 0,
    "status": "loading",
    "created": 0,
    "relatedObjects": [
        {
            "type": "dataSet",
            "id": "{DATASET_ID}"
        }
    ],
    "version": "1.0.0",
    "tags": {},
    "createdUser": "{USER_ID}",
    "updatedUser": "{USER_ID}"
}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。
{USER_ID} バッチを作成したユーザーの ID。

ファイルのアップロード

これでバッチが作成され、前の batchId を使用してファイルをバッチにアップロードできます。複数のファイルをバッチにアップロードできます。

API 形式

PUT /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} アップロードするファイルの名前。このファイルパスは、Adobe側でファイルが保存される場所です。

リクエスト

注意

この API は、シングルパートのアップロードをサポートします。content-type が application/octet-stream であることを確認します。

curl -X PUT https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.parquet \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/octet-stream' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  --data-binary "@{FILE_PATH_AND_NAME}.parquet"
パラメーター 説明
{FILE_PATH_AND_NAME} アップロードしようとしているファイルのフルパスと名前。このファイルパスは、などのローカルファイルパスで Users/sample-user/Downloads/sample.jsonす。

応答

200 OK

バッチの完了

ファイルの様々な部分のアップロードが完了したら、データが完全にアップロードされ、バッチがプロモーションの準備ができたことを伝える必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=complete
パラメーター 説明
{BATCH_ID} シグナルを送信するバッチの ID は、完了の準備が整っています。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

200 OK

大きな Parquet ファイルの取得

メモ

この節では、256MB を超えるファイルをアップロードする方法について説明します。大きなファイルはチャンク単位でアップロードされ、API 信号を介して繋ぎ合わされます。

バッチの作成

まず、Parquet を入力形式としてバッチを作成する必要があります。バッチを作成する場合は、データセット ID を指定する必要があります。また、バッチの一部としてアップロードされるすべてのファイルが、提供されたデータセットにリンクされた XDM スキーマに適合していることを確認する必要があります。

API 形式

POST /batches

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
  -d '{
          "datasetId": "{DATASET_ID}",
           "inputFormat": {
             "format": "parquet"
           }
      }'
パラメーター 説明
{DATASET_ID} 参照データセットの ID。

応答

201 Created
{
    "id": "{BATCH_ID}",
    "imsOrg": "{IMS_ORG}",
    "updated": 0,
    "status": "loading",
    "created": 0,
    "relatedObjects": [
        {
            "type": "dataSet",
            "id": "{DATASET_ID}"
        }
    ],
    "version": "1.0.0",
    "tags": {},
    "createdUser": "{USER_ID}",
    "updatedUser": "{USER_ID}"
}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。
{USER_ID} バッチを作成したユーザーの ID。

大きいファイルの初期化

バッチを作成した後、大きなファイルを初期化してから、バッチにチャンクをアップロードする必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。
{FILE_NAME} 初期化されるファイルの名前。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.parquet?action=INITIALIZE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

201 Created

大きなファイルチャンクのアップロード

ファイルが作成されたので、以降のすべてのチャンクは、ファイルの各セクションに対して 1 つずつ、繰り返し PATCH リクエストを実行することでアップロードできます。

API 形式

PATCH /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} アップロードするファイルの名前。このファイルパスは、Adobe側でファイルが保存される場所です。

リクエスト

注意

この API は、シングルパートのアップロードをサポートします。content-type が application/octet-stream であることを確認します。

curl -X PATCH https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.parquet \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/octet-stream' \
  -H 'Content-Range: bytes {CONTENT_RANGE}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  --data-binary "@{FILE_PATH_AND_NAME}.parquet"
パラメーター 説明
{CONTENT_RANGE} 指定した範囲の開始と終了を整数で指定します。
{FILE_PATH_AND_NAME} アップロードしようとしているファイルのフルパスと名前。このファイルパスは、などのローカルファイルパスで Users/sample-user/Downloads/sample.jsonす。

応答

200 OK

完全な大きいファイル

これでバッチが作成され、前の batchId を使用してファイルをバッチにアップロードできます。複数のファイルをバッチにアップロードできます。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 完了を伝えるバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} 完了を伝えるファイルの名前。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.parquet?action=COMPLETE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

201 Created

バッチの完了

ファイルの様々な部分のアップロードが完了したら、データが完全にアップロードされ、バッチがプロモーションの準備ができたことを伝える必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE
パラメーター 説明
{BATCH_ID} シグナルを送信するバッチの ID が完了しました。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

200 OK

CSV ファイルの取得

CSV ファイルを取得するには、CSV をサポートするクラス、スキーマ、データセットを作成する必要があります。必要なクラスとスキーマの作成方法について詳しくは、『アドホックスキーマの作成チュートリアル』の手順に従ってください。

メモ

次の手順は、小さいファイル(256MB 以下)に適用されます。ゲートウェイのタイムアウトまたは陸エスト本文のサイズエラーが発生した場合は、大きなファイルのアップロードに切り替える必要があります。

データセットの作成

上記の手順に従って必要なクラスとスキーマを作成した後、CSV サポートするデータセットを作成する必要があります。

API 形式

POST /catalog/dataSets

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/catalog/dataSets \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
  -d '{
      "name": "{DATASET_NAME}",
      "schemaRef": {
          "id": "https://ns.adobe.com/{TENANT_ID}/schemas/{SCHEMA_ID}",
          "contentType": "application/vnd.adobe.xed+json;version=1"
      },
      "fileDescription": {
          "format": "parquet",
          "delimiters": [","], 
          "quotes": ["\""],
          "escapes": ["\\"],
          "header": true,
          "charset": "UTF-8"
      }      
  }'
パラメーター 説明
{TENANT_ID} この ID を使用すると、作成したリソースの名前空間が適切に付けられ、IMS 組織内に含まれるようになります
{SCHEMA_ID} 作成したスキーマの ID。

JSON 本文の「fileDescription」セクションの異なる部分の説明を以下に示します。

{
    "fileDescription": {
        "format": "parquet",
        "delimiters": [","],
        "quotes": ["\""],
        "escapes": ["\\"],
        "header": true,
        "charset": "UTF-8"
    }
}
パラメーター 説明
format 入力ファイルの形式ではなく、マスターファイルの形式です。
delimiters 区切り文字として使用する文字。
quotes 引用符に使用する文字。
escapes エスケープ文字として使用する文字。
header アップロードするファイルにはヘッダーが含まれている​必要​があります。スキーマの検証が行われるので、この値を true に設定する必要があります。また、ヘッダーにスペースを含めることは​できません。ヘッダーにスペースが含まれている場合は、アンダースコアで置き換えてください。
charset オプションのフィールド。その他のサポートされている文字セットには、「US-ASCII」と「ISO-8869-1」があります。空のままにすると、デフォルトで UTF-8 が使用されます。

参照するデータセットには、上記のファイル記述ブロックが含まれ、レジストリ内の有効なスキーマを指す必要があります。そうしないと、ファイルは parquet にマスターされません。

バッチの作成

次に、CSV を入力形式としてバッチを作成する必要があります。バッチを作成する場合は、データセット ID を指定する必要があります。また、バッチの一部としてアップロードされるすべてのファイルが、提供されたデータセットにリンクされたスキーマに適合していることを確認する必要があります。

API 形式

POST /batches

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
  -d '{
            "datasetId": "{DATASET_ID}",
            "inputFormat": {
                "format": "csv"
            }
      }'
パラメーター 説明
{DATASET_ID} 参照データセットの ID。

応答

201 Created
{
    "id": "{BATCH_ID}",
    "imsOrg": "{IMS_ORG}",
    "updated": 0,
    "status": "loading",
    "created": 0,
    "relatedObjects": [
        {
            "type": "dataSet",
            "id": "{DATASET_ID}"
        }
    ],
    "version": "1.0.0",
    "tags": {},
    "createdUser": "{USER_ID}",
    "updatedUser": "{USER_ID}"
}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。
{USER_ID} バッチを作成したユーザーの ID。

ファイルのアップロード

これでバッチが作成され、前の batchId を使用してファイルをバッチにアップロードできます。複数のファイルをバッチにアップロードできます。

メモ

付録の適切に書式設定された CSV データファイルの例についての節を参照してください。

API 形式

PUT /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} アップロードするファイルの名前。このファイルパスは、Adobe側でファイルが保存される場所です。

リクエスト

注意

この API は、シングルパートのアップロードをサポートします。content-type が application/octet-stream であることを確認します。

curl -X PUT https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.csv \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/octet-stream' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  --data-binary "@{FILE_PATH_AND_NAME}.csv"
パラメーター 説明
{FILE_PATH_AND_NAME} アップロードしようとしているファイルのフルパスと名前。このファイルパスは、などのローカルファイルパスで Users/sample-user/Downloads/sample.jsonす。

応答

200 OK

バッチの完了

ファイルの様々な部分のアップロードが完了したら、データが完全にアップロードされ、バッチがプロモーションの準備ができたことを伝える必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

200 OK

バッチのキャンセル

バッチの処理中は、キャンセルすることができます。ただし、バッチが確定されると(成功または失敗の状態など)、バッチはキャンセルできません。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=ABORT
パラメーター 説明
{BATCH_ID} キャンセルするバッチの ID。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=ABORT \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

200 OK

バッチの削除

action=REVERT クエリパラメーターを使用して、削除するバッチの ID に対して次の POST リクエストを実行すると、バッチを削除できます。バッチは「非アクティブ」と指定され、ガベージコレクションの対象となります。バッチは非同期で収集され、その時点で「削除済み」と指定されます。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=REVERT
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 削除するバッチの ID。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=REVERT \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 

応答

200 OK

バッチの再生

既に取得したバッチを置き換える場合は、「バッチ再生」を使用できます。この操作は、古いバッチを削除し、代わりに新しいバッチを取得する操作と同じです。

バッチの作成

まず、JSON を入力形式としてバッチを作成する必要があります。バッチを作成する場合は、データセット ID を指定する必要があります。また、バッチの一部としてアップロードされるすべてのファイルが、提供されたデータセットにリンクされた XDM スキーマに適合していることを確認する必要があります。また、再生セクションで参照として古いバッチを指定する必要があります。次の例では、batchIdA ID と batchIdB ID を使用してバッチを再生します 。

API 形式

POST /batches

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' 
  -d '{
          "datasetId": "{DATASET_ID}",
           "inputFormat": {
             "format": "json"
           },
            "replay": {
                "predecessors": ["${batchIdA}","${batchIdB}"],
                "reason": "replace"
             }
      }'
パラメーター 説明
{DATASET_ID} 参照データセットの ID。

応答

201 Created
{
    "id": "{BATCH_ID}",
    "imsOrg": "{IMS_ORG}",
    "updated": 0,
    "status": "loading",
    "created": 0,
    "relatedObjects": [
        {
            "type": "dataSet",
            "id": "{DATASET_ID}"
        }
    ],
    "replay": {
        "predecessors": [
            "batchIdA", "batchIdB"
        ],
        "reason": "replace"
    },
    "version": "1.0.0",
    "tags": {},
    "createdUser": "{USER_ID}",
    "updatedUser": "{USER_ID}"
}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 新しく作成されたバッチの ID。
{DATASET_ID} 参照先のデータセットの ID。
{USER_ID} バッチを作成したユーザーの ID。

ファイルのアップロード

これでバッチが作成され、前の batchId を使用してファイルをバッチにアップロードできます。複数のファイルをバッチにアップロードできます。

API 形式

PUT /batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}
パラメーター 説明
{BATCH_ID} アップロード先のバッチの ID。
{DATASET_ID} バッチの参照データセットの ID。
{FILE_NAME} アップロードするファイルの名前。このファイルパスは、Adobe側でファイルが保存される場所です。

リクエスト

注意

この API は、シングルパートのアップロードをサポートします。content-type が application/octet-stream であることを確認します。API と互換性のないマルチパートリクエストがデフォルトで設定されるので、curl -F オプションは使用しないでください。

curl -X PUT https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}/datasets/{DATASET_ID}/files/{FILE_NAME}.json \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/octet-stream' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  --data-binary "@{FILE_PATH_AND_NAME}.json"
パラメーター 説明
{FILE_PATH_AND_NAME} アップロードしようとしているファイルのフルパスと名前。このファイルパスは、などのローカルファイルパスで Users/sample-user/Downloads/sample.jsonす。

応答

200 OK

バッチの完了

ファイルの様々な部分のアップロードが完了したら、データが完全にアップロードされ、バッチがプロモーションの準備ができたことを伝える必要があります。

API 形式

POST /batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE
パラメーター 説明
{BATCH_ID} 完了するバッチの ID。

リクエスト

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/foundation/import/batches/{BATCH_ID}?action=COMPLETE \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-api-key : {API_KEY}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

200 OK

付録

バッチ取得用のデータ変換

In order to ingest a data file into Experience Platform, the hierarchical structure of the file must comply with the Experience Data Model (XDM) schema associated with the dataset being uploaded to.

XDM スキーマに準拠する CSV ファイルのマッピング方法に関する情報は、サンプル変換ドキュメントに記載されている情報と、適切に書式設定された JSON データファイルの例を参照してください。このドキュメントのサンプルファイルは、次の場所にあります。

このページ