ID 名前空間の概要

Identity namespaces are a component of Identity Service that serve as indicators of the context to which an identity relates. 例えば、「name@email.com」の値を電子メールアドレスとして、または「443522」を数値 CRM ID として区別します。

はじめに

ID 名前空間を使用するには、関連する様々な Adobe Experience Platform サービスについて理解している必要があります。名前空間の使用を開始する前に、次のサービスのドキュメントを確認してください。

  • リアルタイム顧客プロファイル:複数のソースからの集計データに基づいて、リアルタイムで統合された顧客プロファイルを提供します。
  • IDサービス:デバイスとシステム間でIDをブリッジ化することで、個々の顧客とその行動をより良く表示できます。
  • Privacy Service:ID名前空間は、GDPR(General Data Protection Regulation)に準拠するために使用されます。GDPRでは、名前空間に対してGDPR要求を行うことができます。

ID 名前空間について

完全修飾 ID には、ID 値と名前空間が含まれます。When matching record data across profile fragments, as when Real-time Customer Profile merges profile data, both the identity value and the namespace must match.

例えば、2 つのプロファイルフラグメントには別のプライマリ ID を含めることができますが、それらは「電子メール」名前空間の同じ値を共有します。このため、Platform は、これらのフラグメントが実際には同じ個人であることを確認し、個人の ID グラフにデータをまとめることができます。

ID タイプ

データは、複数の異なる ID タイプで識別できます。ID タイプは、ID 名前空間の作成時に指定されます。この ID タイプによって、データを ID グラフに保持するかどうか、およびそのデータの処理方法の手順が決まります。

The following identity types are available within Platform:

ID タイプ 説明
cookie この ID は拡張に不可欠で、ID グラフの大部分を占めます。ただし、cookie は、その性質上急速に劣化し、時間の経過と共にその価値が失われます。cookie の削除は、特に ID グラフでおこなわれます。
クロスデバイス This indicates that Identity Service should consider this to be a strong people identifier and hence preserve it forever. 例えば、ログイン ID、CRM ID、ロイヤルティ ID などがあります。
デバイス IDFA、GAID、その他の IOT の IDが含まれます。これは、家庭内の人々が共有できます。
電子メール このタイプの ID には、個人を特定できる情報(PII)が含まれています。This is an indication to Identity Service to handle the value sensitively.
モバイル このタイプの ID には PII が含まれます。This is an indication to Identity Service to handle the value sensitively.
人以外 名前空間を必要とする一方で、個人のクラスターに関連付けられていない識別子を格納するために使用されます。その後、これらの識別子は、ID グラフからフィルタリングされます。使用事例としては、製品、組織、店舗などに関連するデータが考えられます(製品 SKUなど)。
電話番号 このタイプの ID には PII が含まれます。This is indication to Identity Service to handle the value sensitively.

標準名前空間

Adobe Experience Platform には、すべての組織で使用できる ID 名前空間が複数用意されています。These are known as Standard namespaces and are visible using the Identity Service API or through the Platform UI.

UI で標準名前空間を表示するには、左側のパネルの「ID」をクリックして、「参照」タブをクリックします。All identity namespaces accessible to your organization will be shown, however those with "Standard" as the "Owner" are the Standard namespaces provided by Adobe.

次に、表示された名前空間の 1 つをクリックすると詳細が表示されます。

組織の名前空間の管理

組織のデータや使用事例によっては、カスタム名前空間が必要な場合があります。

These are visible in the UI as those namespaces with "Custom" as the "Owner". Custom namespaces can be created using the Identity Service API or through the user interface.

UI を使用してカスタム名前空間を作成するには、「ID 名前空間を作成」をクリックし、ダイアログに情報を入力してから「作成」をクリックします。

Namespaces that you define are private to your organization and require a unique "Identity Symbol" (or "code" if you are using the API) in order to be created successfully.

標準名前空間と同様に、「参照」タブのカスタム名前空間をクリックすると、その詳細が表示されます。ただし、カスタム名前空間では、詳細領域で表示名と説明を編集することができます。

NOTE

作成した名前空間は削除できません。また、その「ID 記号(API の場合は「コード」)」と「タイプ」を変更することはできません。

ID データの名前空間

ID の名前空間をどのように指定するかは、ID データの提供方法によって異なります。ID データの提供方法について詳しくは、「 overview」の ID データの提供に関する節を参照してください。Identity Service

このページ