リリースノート

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform Web SDK のリリースノートについて説明します。
Web SDK タグ拡張機能の最新のリリースノートについて詳しくは、 Web SDK タグ拡張機能リリースノート.

バージョン2.12.0 - 2022 年 6 月 30 日

  • リクエストを Edge ネットワークに変更し、 cluster URL の一部としての Cookie の場所のヒント。 これにより、セッション中に場所を変更したユーザー(VPN 経由やモバイルデバイスでの運転など)が同じエッジに到達し、同じパーソナライゼーションプロファイルを持つようになります。
  • getLibraryInfo コマンド応答で設定済み関数を文字列化します。

バージョン2.11.0 - 2022 年 6 月 13 日

新機能

  • モバイルアプリとモバイル Web コンテンツの間、およびドメイン間で訪問者 ID を共有することで、パーソナライズされたエクスペリエンスをより正確に配信できるようになりました。 詳しくは、 専用ドキュメント を参照してください。
  • 提案の配列を Adobe Target analytics 指標を増分せずに、単一ページアプリケーションに追加できます。 これにより、レポートのエラーが減り、分析の精度が向上します。 詳しくは、 専用ドキュメント を参照してください。
  • 追加情報を getLibraryInfo コマンドには、使用可能なコマンドと、インスタンスの最終設定が含まれます。

修正点および改善点

  • 使用する Cookie 設定を更新しました sameSite="none" および secure 旗を掲げる HTTPS ページ。
  • パーソナライズされたコンテンツが eq 疑似セレクター
  • 問題を修正しました。 localTimezoneOffset Experience Platformの検証に失敗しました。

バージョン2.10.1 - 2022 年 5 月 3 日

  • ID 同期およびセグメント宛先に対して複数の永続的な iframe が作成される問題を修正しました。

バージョン2.10.0 - 2022 年 4 月 23 日

  • すべての ID 同期およびセグメント宛先に永続的な iframe を使用する。
  • 結合された指標の提案が sendEvent 結果。

バージョン 2.9.0 - 2022 年 3 月 10 日

  • トラッキングのサポートを追加しました control (default) Adobe Targetエクスペリエンス。
  • 単一ページアプリケーションのビュー変更イベントを最適化しました。 パーソナライズされたエクスペリエンスがレンダリングされた際に、表示通知が変更表示イベントに含まれるようになりました。
  • 次の場合のコンソール警告を削除しました。 eventType が存在する。
  • 問題を修正しました。 propositions プロパティはからのみ返されました sendEvent コマンドを使用します。 この propositions プロパティは、常に配列として定義されるようになりました。
  • Adobe Experience Edge からエラーが返された場合に、非表示のコンテナが表示されない問題を修正しました。
  • インタラクションイベントがAdobe Targetでカウントされない問題を修正しました。 これは、XDM の web.webPageDetails.viewName にビュー名を追加することで修正されました。
  • コンソールメッセージのドキュメントのリンク切れを修正しました。

バージョン 2.8.0 - 2022 年 1 月 20 日

  • パーソナライゼーションのシャドウ DOM セレクターをサポートします。
  • パーソナライゼーションイベントタイプの名前を変更しました。 (display および click 取り込む decisioning.propositionDisplay および decisioning.propositionInteract)
  • インラインスクリプトタグを含むHTMLオファーで、スクリプトが 1 回だけ実行された場合でも、スクリプトタグが 2 回ページに追加されていた問題を修正しました。

バージョン 2.7.0 - 2021 年 10 月 27 日

  • Experience Edge からの追加情報を、次の戻り値に表示します。 sendEventを含む inferences および destinations. これらの機能は現在、ベータ版の一部として公開されているので、これらのプロパティの形式は変わる場合があります。 詳しくは、 イベントの追跡。

バージョン 2.6.4 - 2021 年 9 月 8 日

  • 「HTMLAdobe Target 」アクションが head 要素が head コンテンツ。 次に、 head 要素が追加HTMLに変更されました。

バージョン 2.6.3 - 2021 年 8 月 17 日

  • 公開を目的としていないオブジェクトが、 configure コマンドを使用します。

バージョン 2.6.2 - 2021 年 8 月 4 日

  • の廃止に関する警告が発生する問題を修正しました。 result.decisions ( sendEvent ) がコンソールに記録されます。 result.decisions プロパティにアクセスできませんでした。 次の項目にアクセスする際に警告がログに記録されない result.decisions プロパティを使用しますが、プロパティは非推奨です。

バージョン 2.6.1 - 2021 年 7 月 30 日

  • パーソナライゼーションコンテンツを持たない単一ページアプリ表示用にパーソナライゼーションをレンダリングすると、エラーが発生し、 sendEvent コマンドを使用して拒否します。

バージョン 2.6.0 - 2021 年 7 月 27 日

  • より多くのパーソナライゼーションコンテンツを sendEvent Adobe Targetのレスポンストークンを含む、解決されたプロミス。 次の場合に sendEvent コマンドが実行されると、promise が返され、最終的に result サーバーから受信した情報を含むオブジェクト。 以前は、この結果オブジェクトには decisions. この decisions プロパティは非推奨になりました。 新しいプロパティ propositions、が追加されました。 この新しいプロパティは、次のようなパーソナライゼーションコンテンツにアクセスできるようにします。 レスポンストークン.

バージョン 2.5.0 - 2021 年 6 月

  • リダイレクトパーソナライゼーションオファーのサポートを追加しました。
  • 自動的に収集されたビューポートの幅と高さが負の値の場合、サーバに送信されなくなります。
  • イベントが false から onBeforeEventSend コールバックの場合、メッセージがログに記録されます。
  • 単一のイベントを対象とした特定の XDM データが複数のイベントにわたって含まれていた問題を修正しました。

バージョン 2.4.0 - 2021 年 3 月

  • これで、SDK は npm パッケージとしてインストールされる.
  • のサポートを追加しました。 out オプション デフォルト同意の設定:同意が得られるまですべてのイベントを破棄します ( 既存の pending オプションはイベントをキューに追加し、同意を受け取ったら送信します )。
  • この onBeforeEventSend コールバック を使用して、イベントが送信されるのを防ぐことができるようになりました。
  • ではなく XDM スキーマフィールドグループを使用するようになりました。 meta.personalization パーソナライズされたコンテンツのレンダリングまたはクリックに関するイベントを送信する際。
  • この getIdentity コマンド では、id と共にエッジ地域 ID を返すようになりました。
  • サーバーから受け取った警告とエラーが改善され、より適切な方法で処理されました。
  • のサポートを追加しました。 Adobeの同意 2.0 標準.
  • 同意設定を受け取ると、ハッシュ化されてローカルストレージに保存され、CMP、Platform Web SDK、Platform Edge Network 間で最適化された統合がおこなわれます。 同意設定を収集している場合は、 setConsent は、ページ読み込みのたびに
  • 2 フックの監視, onCommandResolved および onCommandRejected、が追加されました。
  • バグ修正:パーソナライゼーションのインタラクション通知イベントで、ユーザーが新しい単一ページのアプリビューに移動し、元のビューに戻って、コンバージョン条件を満たす要素をクリックした場合、同じアクティビティに関する重複情報が含まれます。
  • バグ修正:SDK によって最初に送信されたイベントが documentUnloading に設定 true, sendBeacon がイベントの送信に使用され、id が確立されていないことに関するエラーが発生します。

バージョン 2.3.0 - 2020 年 11 月

  • より厳しいコンテンツセキュリティポリシーを可能にするために、nonce のサポートを追加しました。
  • シングルページアプリケーションのパーソナライゼーションのサポートを追加しました。
  • 上書きする可能性のある他のページ上の JavaScript コードとの互換性を改善しました window.console API
  • バグ修正: sendBeacon は、 documentUnloadingtrue またはリンクのクリックが自動的に追跡されたタイミング。
  • バグ修正:アンカー要素にHTMLの内容が含まれている場合、リンクは自動的に追跡されません。
  • バグ修正:読み取り専用を含む特定のブラウザーエラー message プロパティが適切に処理されず、異なるエラーがお客様に表示されていました。
  • バグ修正:iframe 内で SDK を実行すると、iframe のHTMLページが親ウィンドウのHTMLページとは異なるサブドメインからのものである場合に、エラーが発生します。

バージョン 2.2.0 - 2020 年 10 月

  • バグ修正:オプトインオブジェクトが、 idMigrationEnabledtrue.
  • バグ修正:ちらつきの問題を防ぐために、パーソナライゼーションオファーを返す必要があるリクエストを Alloy に認識させる。

バージョン 2.1.0 - 2020 年 8 月

  • を削除します。 syncIdentity コマンドを実行し、 sendEvent コマンドを使用します。
  • IAB 2.0 Consent Standard をサポートします。
  • 追加の ID を setConsent コマンドを使用します。
  • の上書きのサポート datasetIdsendEvent コマンドを使用します。
  • 支持合金モニタ (詳細を表示)
  • パス environment: browser (実装の詳細のコンテキストデータ)。

このページ