Social Network destinations authentication workflow

ソーシャルネットワークの宛先を作成するためのワークフロー

This tutorial uses Facebook as an example, but the workflow in Real-time Customer Data Platform will be the same for all social network destinations, once more are added to the product.

In Destinations > Catalog, scroll to the Social category. Select your preferred social network destination, then select Configure.

ソーシャルネットワークの宛先に接続する

メモ

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに 「アクティブ化 」ボタンが表示されます。 「 アクティブ化 」と「 設定」の違いについて詳しくは、表示先ワークスペースのドキュメントの「 カタログ 」セクションを参照してください。

ソーシャルネットワークの宛先への接続を既に設定している場合は、認証​手順で「既存のアカウント」を選択し、既存の接続を選択します。または、「新規アカウント」を選択して、ソーシャルネットワークの宛先への新しい接続を設定できます。「宛先に接続」を選択すると、選択したソーシャルネットワークの宛先に移動するので、ログインして Adobe Experience Cloud をソーシャルネットワーク広告アカウントに接続します。

メモ

リアルタイムCDPは、認証プロセスで資格情報の検証をサポートし、ソーシャルネットワークアカウントIDに正しくない資格情報を入力した場合は、エラーメッセージを表示します。 このため、間違った資格情報を使用すると、ワークフローを完了することができません。

ソーシャルネットワークの宛先に接続 - 認証手順

資格情報が確認され、Adobe Experience Cloud がソーシャルネットワークに接続されたら、「次へ」を選択して​設定​手順に進むことができます。

資格情報の確認

設定​手順で、アクティベーションフローの名前と説明を入力し、ソーシャルネットワーク広告アカウントのアカウント ID を入力します。

また、この手順では、この宛先に適用する マーケティングの使用例 を選択できます。 マーケティングの使用例は、データがエクスポート先にエクスポートされる意図を示します。 Adobe定義のマーケティングの使用例から選択するか、独自のマーケティングの使用例を作成することができます。 マーケティングの使用例の詳細については、Real-time CDP (リアルタイムCDP)ページの「 Data Governance(データ・ガバナンス)」を参照してください。 個々のAdobe定義マーケティングの使用例について詳しくは、 データ使用ポリシーの概要を参照してください

上記のフィールドに入力した後、「宛先を作成」を選択します。

重要
  • ソーシャルネットワークの宛先に対しては、 単一IDパーソナライゼーション マーケティングの使用例がデフォルトで選択されており、削除できません。
  • 目的 Facebook 地用。 アカウントID がお客様のアカウント Facebook Ad Account IDです。 このIDは、で確認でき Facebook Ads Managerます。 以下に示すように、ID の前に act_ を追加します。

ソーシャルネットワークの宛先に接続 — 設定手順

これで宛先が作成されました。後でセグメントをアクティブにする場合は、「保存して終了」を選択します。また、「次へ」を選択してワークフローを続行し、アクティブ化するセグメントを選択することもできます。いずれの場合も、ワークフローでのこの後の操作については、次の「ソーシャルネットワークに対してセグメントをアクティブ化する」の節を参照してください。

ソーシャルネットワークに対してセグメントをアクティブ化する

ソーシャルネットワークに対してセグメントをアクティブ化する方法については、「宛先へのデータのアクティブ化」を参照してください。

このページ