Airship Tags 接続

概要

Airship は、顧客ライフサイクルの各段階で、意味のあるパーソナライズされたオムニチャネルメッセージをユーザーに届けるのに役立つ、主要な顧客エンゲージメントプラットフォームです。

この統合により、Adobe Experience Platformのセグメントデータが Airship as タグ (ターゲティングまたはトリガーの場合)

詳しくは、以下を参照してください。 Airshipを参照し、 航空船ドキュメント.

ヒント

このドキュメントページは、 Airship チーム。 お問い合わせや更新のご依頼は、直接 support.airship.com.

前提条件

にAdobe Experience Platformセグメントを送信する前に Airshipを使用する場合は、次の操作を行う必要があります。

  • タググループを Airship プロジェクト。
  • 認証用の bearer トークンを生成します。
ヒント

の作成 Airship 経由のアカウント この登録リンク まだお持ちでない場合は、

エクスポートのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、次の表を参照してください。

項目 タイプ 備考
書き出しタイプ セグメントエクスポート Airship Tags の宛先で使用される識別子を使用して、セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は、API ベースの接続です。 セグメント評価に基づいてExperience Platform内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。 詳細を表示 ストリーミング先.

タググループ

Adobe Experience Platform のセグメントの概念は、 タグ 飛行船では、実装のわずかな違いがあります。 この統合により、ユーザーの Experience Platformセグメントのメンバーシップ 存在または存在しない Airship タグを使用します。 例えば、Platform セグメントの場合、 xdm:status 変更 realizedに値を指定しない場合、タグは Airship このプロファイルがマッピングされているチャネルまたは名前付きユーザー。 この xdm:status 変更 exitedの場合、タグは削除されます。

この統合を有効にするには、 タググループ in Airship 名前付き adobe-segments.

重要

新しいタググループを作成する際 チェックしない 「Allow these tags to be set only from your server". これをおこなうと、Adobeタグの統合が失敗します。

詳しくは、 タググループを管理 タググループの作成手順を参照してください。

bearer トークンを生成

に移動します。 設定 " API と統合飛行船ダッシュボード を選択し、 トークン をクリックします。

クリック トークンを作成.

トークンのわかりやすい名前 ( 例:「Adobeタグの宛先」) を指定し、役割に「すべてのアクセス」を選択します。

クリック トークンを作成 詳細を機密として保存します。

ユースケース

をいつどのように使用するかをより深く理解するのに役立ちます。 Airship Tags の宛先について、Adobe Experience Platformのお客様がこの宛先を使用して解決できる使用例を以下に示します。

使用例#1

小売業者やエンターテイメントプラットフォームは、ロイヤルティ顧客のユーザープロファイルを作成し、それらのセグメントを Airship (モバイルキャンペーンでのメッセージターゲティング用)

使用例#2

トリガーがAdobe Experience Platform内の特定のセグメントにフォールアウトした場合に、1 対 1 のメッセージをリアルタイムで送信できます。

例えば、ある小売業者は、Platform でジーンズのブランド固有のセグメントを設定します。 あの小売業者は、誰かが特定のブランドにジーンズの好みを設定したらすぐに、モバイルメッセージをトリガーできるようになりました。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションに記載されているフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、必須フィールドに入力し、「 」を選択します。 宛先に接続.

  • Bearer トークン:から生成した bearer トークン Airship ダッシュボード。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。 UI でフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先を識別するのに役立つ名前を入力します。
  • 説明:この宛先の説明を入力します。
  • ドメイン:米国または EU のデータセンターを選択します(どちらかに応じて選択します)。 Airship データセンターがこの宛先に適用されます。

アラートの有効化

アラートを有効にして、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。 リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートの詳細については、 UI を使用した宛先アラートの購読.

宛先接続の詳細の指定が完了したら、 次へ.

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、 宛先の管理, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

詳しくは、 ストリーミングセグメントの書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

マッピングに関する考慮事項

Airship タグは、デバイスインスタンス (iPhoneなど ) を表すチャネルに対して設定できます。また、すべてのユーザーのデバイスを、顧客 ID などの共通の識別子にマッピングする名前付きユーザーに対して設定することもできます。 スキーマにプレーンテキスト(ハッシュ化されていない)の電子メールアドレスがプライマリ ID である場合は、 ソース属性 と Airship の下の右側の列にユーザーという名前が付けられました ターゲット ID、以下に示すように。

特定ユーザーマッピング

チャネルにマッピングする必要がある識別子(デバイスなど)について、ソースに基づいて適切なチャネルにマッピングします。 以下の画像は、Google Advertising ID を Airship Android チャネル。

飛行船タグに接続
飛行船タグに接続
チャネルマッピング

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。詳しくは、 Adobe Experience Platform では、データガバナンスを強制します。詳しくは、 データガバナンスの概要.

このページ