Data Prep の概要

Data Prep を使用すると、データエンジニアはエクスペリエンスデータモデル(XDM)との間でデータのマッピング、変換、検証をおこなうことができます。Data Prep は、CSV 取得ワークフローなどのデータ取得プロセスで「マッピング」手順として表示されます。データエンジニアは、Data Prep を使用して、データ取得中に次のデータ操作を実行できます。

  • 単純なパススルーマッピングを定義して、入力属性を XDM 属性に割り当てる
  • 計算フィールドを作成して、XDM 属性に割り当て可能な行内計算を実行する
  • 文字列、数値、または日付の操作関数を適用してデータを変換する
  • 階層関数を使用して XDM 階層を作成する
  • Data Prep 内で操作されたデータをプレビューする

また、Data Prep では、組み込みのデータ検証をいくつか適用して、データの整合性が取り込まれたときに整合性が確実に維持されるようにします。可能な場合、Data Prep は入力データスキーマを XDM に自動的にマッピングします。データエンジニアは、推奨されたマッピングを変更、修正、および削除し、必要に応じてマッピングに置き換えることができます。

メモ

結果のメッセージが無効な XDM でない限り、データ準備で変換エラーが発生すると、これらの属性は null に設定され、残りの行は取り込まれます。行が無効な XDM と解決された場合、行は 取り込まれません。どちらの場合も、エラーはドキュメントに記載されます。

マッピング

マッピングとは、1 つの XDM 属性に対する入力属性または計算済みフィールドの関連付けです。個々のマッピングを作成することで、単一の属性を複数の XDM 属性にマッピングできます。

様々なマッピング関数の詳細については、マッピング関数ガイドを参照してください。

計算フィールド

計算フィールドでは、入力スキーマの属性に基づいて値を作成できます。 これらの値をターゲットスキーマの属性に割り当て、名前と説明を指定して参照を容易にできます。計算フィールドの長さの上限は 4096 文字です。

計算フィールドの詳細については、 計算フィールドガイド.

特殊文字のエスケープ

フィールド内の特殊文字は、 ${...}. ただし、ピリオド (.) は、このメカニズムではサポートされていません。 階層を操作する際に、子属性にピリオド (.) の場合は、バックスラッシュ (\) をクリックして、特殊文字をエスケープします。 例: address は、属性を含むオブジェクトです。 street.nameを使用する場合は、 address.street\.name の代わりに address.street.name.

マッピングセット

あるスキーマを別のスキーマに変換する一連のマッピングは、マッピングセットと総称されます。単一のマッピングセットは、各データフローの一部として作成されます。マッピングセットはデータフローに不可欠な要素であり、データフローの一部として作成、編集、および監視されます。

マッピングセット内のフィールドの使用方法など、マッピングセットの詳細については、マッピングセットガイドを参照してください。マッピングセットを作成し、マッピングセットに関連する他の API 呼び出しを使用する方法については、 開発者ガイド の「マッピングセット」の節を参照してください。

データ形式の取り扱い

Data Prep は、Platform に取り込まれる様々な形式のデータを確実に処理できます。Data Prep で様々なデータタイプがどのように処理されるかについて詳しくは、データ形式の取り扱いの概要を参照してください。

次を使用して行の一部の更新を送信 Data Prep

でのアップサートのストリーミング Data Prep 部分行の更新を次の項目に送信できます。 Profile Service データを作成し、単一の API リクエストで新しい id リンクを確立することもできます。 でアップサートをストリーミングする方法の詳細を学ぶには、以下を実行します。 Data Prepを参照し、 部分行の更新の送信.

Data Prep の属性ベースのアクセス制御

Adobe Experience Platform での属性ベースのアクセス制御では、管理者が属性に基づいて特定のオブジェクトや機能へのアクセスを制御できます。

属性ベースのアクセス制御を使用すると、アクセス権のある属性のみをマッピングできます。 アクセス権のない属性は、パススルーマッピングおよび計算フィールドでは使用できません。したがって、必須フィールドへのアクセス権がない場合、マッピングを正常に保存できません。 また、どの子属性にもアクセスできない場合は、オブジェクトやオブジェクト配列をマッピングできません。 ただし、オブジェクトまたはオブジェクト配列内の他の要素を個別にマッピングすることはできます。

詳しくは、 属性ベースのアクセス制御の概要 を参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform の Data Prep の基本事項を説明します。様々なマッピング関数の詳細については、マッピング関数ガイドを参照してください。Data Prep で様々なデータタイプがどのように処理されるかについて詳しくは、データ形式の取り扱いガイドを参照してください。Data Prep API の使用方法については、Data Prep 開発者ガイドを参照してください。

このページ