計算フィールド

計算フィールドでは、入力スキーマの属性に基づいて値を作成できます。 これらの値をターゲットスキーマの属性に割り当て、名前と説明を指定して参照を容易にできます。

計算フィールドを作成するには、「計算フィールドを追加」を選択します。

計算フィールドの作成 パネルが表示されます。 左側のダイアログボックスには、計算フィールドでサポートされるフィールド、関数、演算子が含まれています。タブの 1 つを選択して、式エディターに関数、フィールドまたは演算子を追加します。

タブ 説明
関数 「関数」タブには、データの変換に使用できる関数が一覧表示されます。計算フィールド内で使用できる関数の詳細については、 データ準備(マッパー)関数の使用 に関するガイドを参照してください。
フィールド 「フィールド」タブには、ソーススキーマで使用できるフィールドと属性が表示されます。
演算子 「演算子」タブには、データの変換に使用できる演算子が一覧表示されます。

中央にある式エディターを使用して、フィールド、関数、演算子を手動で追加できます。 式の作成を開始するには、エディターを選択します。

保存」を選択して次に進みます。

マッピング画面が再表示され、新しく作成したソースフィールドが表示されます。 対応するターゲットフィールドを適用し、「完了」を選択してマッピングを完了します。

このページ