コアデータの使用ラベル

データ使用状況ラベルを使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットを分類できます。Adobe Experience Platformデータガバナンスでは、データの分類を開始する際にすぐに使用できるコアデータ使用ラベルがいくつか用意されています。

このドキュメントでは、によって現在提供されているコアデータ使用ラベルについて説明 Experience Platformします。 詳細につ Data Governance いては、 Data Governanceの概要を参照してください

契約ラベル

「C」で始まる契約ラベルは、契約上の義務を負うデータや組織のデータガバナンスポリシーに関連するデータの分類に使用されます。

ラベル 定義
C1 個人またはデバイスの識別子を含めずに、集計された形式でのみ Adobe Experience Cloud からデータをエクスポートできます。詳細情報…
C2 データをサードパーティにエクスポートすることはできません。詳細情報…
C3 組み合わせるなどして直接識別可能な情報と一緒にデータを使用することはできません。詳細情報…
C4 オンサイトでもクロスサイトでも、広告やコンテンツのターゲティングにはデータを使用できません。詳細情報…
C5 興味/関心に基づく、コンテンツや広告のクロスサイトターゲティングにはデータを使用できません。詳細情報…
C6 オンサイトの広告ターゲティングにはデータを使用できません。詳細情報…
C7 コンテンツのオンサイトターゲティングにはデータを使用できません。詳細情報…
C8 組織の Web サイトやアプリの測定にはデータを使用できません。詳細情報…
C9 データサイエンスワークフローではデータを使用できません。詳細情報…
C10 データはステッチIDアクティベーションには使用できません。 詳細情報…

ID ラベル

「I」で始まる ID ラベルは、個人を特定できるデータまたは個人に連絡できるデータの分類に使用されます。

ラベル 定義
I1 デバイスではなく特定の個人を識別したり特定の個人に連絡したりできる、直接識別可能なデータです。
I2 他のデータと組み合わせて特定の個人を識別したり特定の個人に連絡したりできる、間接的に識別可能なデータです。

機密ラベル

「S」で始まる機密ラベルは、自分自身および組織が機密性が高いと見なすデータの分類に使用されます。

各種の地理データは機密性が高いと考えられるデータタイプの 1 つと言えますが、このカテゴリは地理データには限られません。

ラベル 定義
S1 デバイスの正確な位置の特定に使用できる緯度と経度を指定するデータです。
S2 広義のジオフェンスエリアの特定に使用できるデータです。

付録

以下の節では、使用可能なデータ使用ラベルについて詳しく説明します。

契約ラベルの詳細

以下の各項では、特定の契約Cのラベルの実装に関する詳細情報について説明します。

C1

個人またはデバイスの識別子を含めずに、集計された形式でのみ Adobe Experience Cloud から一部のデータをエクスポートできます。例えば、ソーシャルネットワークに由来するデータなどです。

C2

一部のデータプロバイダーでは、最初に収集された場所からのデータのエクスポートを禁じる条項が契約に含まれています。例えば、ソーシャルネットワークの契約では、多くの場合、ソーシャルネットワークから受け取ったデータの転送を制限しています。C1 ラベルでは、集計データと匿名データに限定されているだけですが、C2 ラベルはそれよりも制限が厳しくなっています。

C3

一部のデータプロバイダーでは、データと直接識別可能な情報の組み合わせや併用を禁じる条項が契約に含まれています。例えば、広告ネットワーク、広告サーバー、サードパーティのデータプロバイダーをソースとするデータの契約には、多くの場合、直接識別可能なデータとの併用に関する特定の禁止条項が含まれています。

C4

C4 は最も制限が厳しいラベルで、C5 ラベル、C6 ラベル、C7 ラベルを包含しています。

C5

次の 3 つの条件が満たされた場合、興味/関心に基づくターゲティング(パーソナライゼーション)がおこなわれます。つまり、オンサイトで収集されたデータが、(1) ユーザの興味に関する推論に使用される、(2) 別のサイトやアプリ(オフサイト)といった別のコンテキストで使用される、(3) 提供するコンテンツや広告をそうした推測に基づいて選択するために使用される。

オンサイトデータとオフサイトデータの組み合わせや、複数のオフサイトソースから得られるデータの組み合わせなど、複数サイトのデータの組み合わせは、クロスサイトデータと呼ばれます。サイトが異なればコンテキストが異なり、どのようなコンテキストでもクロスサイトデータの使用は本来の使用とは異なることになります。クロスサイトデータは、ユーザーの興味/関心を推測するために収集され処理されるのが普通です。そのため、広告やコンテンツのターゲティングにクロスサイトデータを使用することは、通常、広告やコンテンツがオンサイトに表示されるかオフサイトに表示されるかに関係なく、興味/関心に基づくターゲティングと見なされます。例えば、オンサイトデータをオフサイトデータと組み合わせて、組織自身のサイトでユーザーに表示する広告を選択する場合、その使用は興味/関心に基づくターゲティングと見なされます。別の例としては、オフサイトでのユーザーに対する広告のリターゲティングも、興味/関心に基づくターゲティングと見なされる可能性が高くなります。

オフサイトデータは通常、ユーザーの興味/関心を推測するために収集され処理されるので、オフサイトデータだけをターゲティングに使用する場合も、興味/関心に基づくターゲティングと見なされます。

ただし、オンサイトデータのみを使用したコンテンツや広告のターゲティングは通常、興味/関心に基づくターゲティングとは見なされません。そうでない場合でも興味/関心に基づくターゲティングと見なされないオンサイトターゲティングは、2 つの異なるラベルとして扱われます。特に、ラベル C6 はオンサイト広告ターゲティングおよびレポートに対応し、特に広告の選択、配信、レポートをカバーします。一方、ラベル C7 はオンサイトコンテンツの選択、配信、レポート(オンサイトコンテンツターゲティング)に対応します。

最終的に、ラベルの解釈と、そのラベルの付いたデータの使用をどのように実施するかはお客様次第です。参考までに、IAB および DAA フレームワークを以下に示します。

IAB:パーソナライゼーション。このサービスの利用に関する情報を収集および処理して、後で Web サイトやアプリなどの他のコンテキストで広告やコンテンツをユーザーに合わせて徐々にパーソナライズします。通常、サイトやアプリのコンテンツは、今後どの広告やコンテンツが選択されるかを判断する材料になるユーザーの興味/関心を推測するために使用されます。

DAA:オンライン行動広告。特定のコンピューターまたはデバイスから様々な非アフィリエイト Web サイトでの Web 閲覧行動に関するデータを徐々に収集し、そのデータを使用してユーザーの好みや興味/関心を予測して、そうした推測に基づいてそのコンピュータまたはデバイスに広告を配信します。

C6

広告とは、主に商品やサービスの販売を促進する目的で Web サイトやアプリに表示される、テキストや画像などのメッセージまたは通知のことです。このようなメッセージや通知の目的は、お客様が決定します。広告はオンサイトコンテンツとは別のもので、ラベル C7 の適用対象です。C6 ラベルの付いたデータは、組織の Web サイトやアプリに表示する広告の選択と配信を含むオンサイト広告ターゲティングには使用できず、そのような広告の配信品質と有効性の測定にも使用できません。これには、ユーザーの興味/関心について既に収集されているオンサイトデータを使用して広告を選択する場合や、表示された広告、広告の表示日時と表示場所、広告に関連する何らかのアクション(広告のクリックや購入など)をユーザーが実行したかどうかに関するデータを処理する場合が含まれます。一般に、ユーザーのオンサイトアクティビティに基づいてユーザーの好みを推測した後、その推測をオンサイト広告ターゲティングで利用しても、3 つの要件をすべて満たすわけではないので、興味/関心に基づくターゲティング(パーソナライゼーションとも呼ばれます)とは見なされません。これらの要件については、ラベル C5 の説明を参照してください。

最終的に、ラベルの解釈と、そのラベルの付いたデータの使用をどのように実施するかはお客様次第です。参考までに、IAB および DAA フレームワークを以下に示します。

IAB:3.広告の選択、配信、レポート:情報を収集し既に収集されている情報と組み合わせることにより、ユーザーに合った広告を選択して配信したり、そのような広告の配信品質と有効性を測定したりします。これには、ユーザーの興味/関心について既に収集されている情報を使用して広告を選択する場合や、表示された広告、広告の表示頻度、広告の表示日時と表示場所、広告に関連する何らかのアクション(例えば、広告のクリックや購入など)をユーザーが実行したかどうかに関するデータを処理する場合が含まれます。これには、パーソナライゼーションは含まれません。パーソナライゼーションとは、このサービスの利用に関する情報を収集および処理して、後で Web サイトやアプリなどの他のコンテキストで広告やコンテンツをユーザーに合わせて徐々にパーソナライズすることです。

DAA:オンライン行動分析には、ファーストパーティ、広告配信、広告レポート、コンテキスト広告(訪問中の Web ページのコンテンツに基づく広告、Webページへの消費者の現在の訪問、検索クエリなど)のアクティビティは含まれません。

C7

オンサイトコンテンツとは、商品やサービスの販売促進ではなく通知、教育、娯楽のいずれかを目的として設計されるテキストや画像のことです。コンテンツがネイティブの広告と見なされるかどうかを含め、コンテンツの目的はお客様が決定します。C7 ラベルは、オンサイト広告を対象とするものではありません。オンサイト広告はラベル C6 で扱われます。C7 ラベルの付いたデータは、組織の Web サイトやアプリに表示するコンテンツの選択と配信を含むオンサイトコンテンツターゲティングには使用できず、そのようなコンテンツの配信品質と有効性の測定にも使用できません。これには、ユーザーの興味/関心について既に収集されている情報を使用してコンテンツを選択する場合や、表示されたコンテンツ、コンテンツの表示頻度と表示期間、コンテンツの表示日時と表示場所、コンテンツに関連する何らかのアクション(例えば、コンテンツのクリックなど)をユーザーが実行したかどうかに関するデータを処理する場合が含まれます。一般に、ユーザーのオンサイトアクティビティに基づいてユーザーの好みを推測した後、その推測をオンサイトコンテンツターゲティングで利用しても、3 つの要件をすべて満たすわけではないので、興味/関心に基づくターゲティング(パーソナライゼーションとも呼ばれます)とは見なされません。これらの要件については、ラベル C5 の説明を参照してください。

最終的に、ラベルの解釈と、そのラベルの付いたデータの使用をどのように実施するかはお客様次第です。参考までに、IAB および DAA フレームワークを以下に示します。

IAB:4.コンテンツの選択、配信、レポート:情報を収集し既に収集されている情報と組み合わせることにより、ユーザーに合ったコンテンツを選択して配信したり、そのようなコンテンツの配信品質と有効性を測定したりします。これには、ユーザーの興味/関心について既に収集されている情報を使用してコンテンツを選択する場合や、表示されたコンテンツ、コンテンツの表示頻度と表示期間、コンテンツの表示日時と表示場所、コンテンツに関連する何らかのアクション(例えば、コンテンツのクリックなど)をユーザーが実行したかどうかに関するデータを処理する場合が含まれます。これには、パーソナライゼーションは含まれません。パーソナライゼーションとは、このサービスの利用に関する情報を収集および処理して、後で Web サイトやアプリなどの他のコンテキストでコンテンツや広告をユーザーに合わせて徐々にパーソナライズすることです。

DAA:オンライン行動分析には、ファーストパーティ、広告配信、広告レポート、コンテキスト広告(訪問中の Web ページのコンテンツに基づく広告、Webページへの消費者の現在の訪問、検索クエリなど)のアクティビティは含まれません。

C8

組織のサイトやアプリの使用状況の測定、把握、レポートにはデータを使用できません。これには、興味/関心に基づくターゲティング(クロスサイトターゲティング)は含まれません。このターゲティングは、このサービスの利用に関する情報を収集して、後で Web サイトやアプリなどの他のコンテキスト(つまり他のサービス)でコンテンツや広告をユーザーに合わせて徐々にパーソナライズすることです。

C9

一部には、データサイエンスへのデータの使用を明示的に禁止している契約があります。これらには、人工知能(AI)、機械学習(ML)、モデリングへのデータの使用を禁じる条項が含まれている場合があります。

C10

一部のデータ使用ポリシーは、パーソナライゼーションのためのステッチIDデータの使用を制限します。 C10のラベルは、セグメントの結合ポリシーで「プライベートグラフ」オプションが使用されている場合に、セグメントに自動的に適用されます。

このページ