データ使用ラベルの概要

Adobe Experience Platform Data Governance allows you to apply data usage labels to datasets and fields, categorizing each according to related data usage policies.

このドキュメントでは、のデータ使用ラベルの概要を説明 Experience Platformします。 Before reading this guide, please see the Data Governance overview for a more robust introduction to the Data Governance framework.

データ使用ラベルについて

データ使用状況ラベルを使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットとフィールドを分類できます。ラベルはいつでも適用でき、データの管理方法を柔軟に選択できます。Best practices encourage labeling data as soon as it is ingested into Experience Platform, or as soon as data becomes available for use in Platform.

データ使用ラベルがデータセットレベルで適用されると、そのデータセット内のすべてのフィールドにラベルが伝播されます。ラベルは、伝播ではなく、データセット内の個々のフィールド(列ヘッダー)に直接適用することもできます。

Platform は、「コア」データ使用ラベルを標準搭載で提供しています。これは、データ管理に適用される様々な一般的な制限をカバーしています。 これらのラベルとそれらが表す使用ポリシーについて詳しくは、 コアデータ使用ラベルのガイドを参照してください

Adobeが提供するラベルに加えて、組織に独自のカスタムラベルを定義することもできます。 詳細は、「ラベルの 管理 」の節を参照してください。

オーディエンスセグメントのラベルの継承

Adobe Experience Platformセグメントサービスで作成されたすべてのオーディエンスセグメントは 、対応するデータセットの使用ラベルを継承します。 これにより、Experience Platform上に構築されたアプリケーション(例: Real-time Customer Data Platform)で、宛先に対するセグメントをアクティブ化する際に、データ使用ポリシーの自動適用を提供できます。

データセットレベルのラベルを継承する以外に、デフォルトでは、セグメントは関連するデータセットからフィールドレベルのラベルをすべて継承します。 ベースのアプリケーションがセグメントをどのように消費するかに応じて、使用するフィールドを指定できるので、除外されたフィールドのラベルをセグメントが継承できない場合があります。 Platform

リアルタイムCDPでの自動強制の動作方法の詳細については、Real-time CDPでの Data Governanceの概要を参照してください

Adobe Audience Managerデータエクスポート管理からの継承

Experience Platform には、Adobe Audience Managerとセグメントを共有する機能があります。 Audience Managerセグメントに適用されたデータエクスポートコントロールは、で認識される同等のラベルおよびマーケティングアクションに変換され Experience PlatformData Governanceます。

特定のデータエクスポートコントロールとのデータ使用ラベルとの対応付けにつ Platformいては、 Audience Managerのドキュメントを参照してください

データ使用ラベルの管理 Experience Platform

データ使用ラベルは、APIまたはユーザーインターフェイスを使用して管理でき Experience Platform ます。 それぞれの詳細については、以下のサブセクションを参照してください。

UI の使用

UIの ポリシーExperience Platform ・ワークスペースでは、組織のコア・ラベルとカスタム・ラベルの表示と管理が可能です。 ワークスペースでは、データセットとフィールドにラベルを適用できます。 Datasets For more information, refer to the labels user guide.

APIの使用

/labels Policy Service APIの エンドポイントを使用すると 、カスタムラベルの作成を含むデータ使用ラベルをプログラムで管理できます。 詳しくは、『 ラベルエンドポイントガイド 』を参照してください。

データセッ トとフィールドのラベルの管理には 、Dataset Service APIを使用します。 詳しくは、データセットラベルの 管理に関するガイド を参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、データ使用ラベルと、データ管理フレームワーク内でのラベルの役割について説明しました。 でのラベルの管理方法の詳細については、このガイド全体にリンクされたドキュメントを参照してくだ Experience Platformさい。

このページ